わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

楽天モバイルの1Mbpsの速度制限は使えるのか検証したのよ

BIGLOBEモバイルに別れを告げてから数日

 

www.ikanosuminaga.com


楽天モバイルのSIMカードが届きました。やったね!

キャンペーンで価格.comから申し込んだので3ヶ月経つと11000円キャッシュバックされるそうです。

 

楽天モバイルに乗りかえた最大の理由が
「速度制限がかかっても1Mbpsで通信ができるから」

 

CMでもやってますが、あれが「超スゲー、マジヤベー」って思ったので、申し訳ないけどBIGLOBEモバイルを解約して楽天モバイルにしました。

 

だって1Mbpsでいつでも通信できるって、実質容量無制限じゃん。いいじゃん、いいじゃん、スゲーじゃん。

 

ということでこの記事では楽天モバイルの1Mbpsの実力を検証していきますよ。

 

 

楽天モバイルなら速度制限がかかっても1Mbpsで通信できる

(画像:RRiceさんによる写真ACからの写真)

 

楽天モバイルのスーパーホーダイのプランなら、契約したプランのギガがなくなって速度制限がかかっても1Mbpsで通信をすることができます。

 

ほとんどの格安SIMは、通信制限がかかると速度が200kbpsになってしまいます。


200kbpsだとネットサーフィンすらキビシイ状態になります。地図を見たり、動画を再生ももちろんムリ。(正確にはムリではないけど相当待たされます。)

 

楽天モバイルのスーパーホーダイなら速度制限がかかってしまっても1Mbpsで通信ができます。

 

いろいろと探しましたが、速度制限がかかってもこの速さで通信ができるのは楽天モバイルだけでした。他にあったら教えてちょ。

 

楽天モバイルの1Mbpsの通信は快適

通常は契約したプランの容量を超過すると、速度制限がかかり1Mbpsになってしまいますが

 

楽天モバイルの公式アプリを使えば、ギガが減らないように1Mbpsの速度制限を自分でかけることができます。


ここの高速データ通信がOFFになっていれば速度が1Mbpsになるかわりにギガを消費しなくなります。

 

外でキレイな画質でYouTube見たいとか、ウェブページをサクサク読み込んでくれなきゃヤダとか、そういった欲望は僕にはないので

 

常に高速通信を切った状態で生活しています。上の画像で言えば本日の使用量が65MBなのに、残りのギガは3.97GBもあります。

 

実際は直近3日で1GB弱ぐらい使ってるはずですが、高速データ通信をしていないのでギガは減りません。

 

常に1Mbpsで快適に過ごせるのか検証していきましょう。

 

動画を見てもらえれば分かってもらえると思うんですがモバイル回線としては快適です。

 

ウェブページの閲覧

画像の読み込みに引っかかりを感じることがありますが、お外で見る分には十分でしょう。

 

Twitterの閲覧

当たり前ですが文字の読み込みはスムーズです。

画像の読み込みは、ウェブページの閲覧と同様にちょっとモッサリ感があります。


スクリーンショットや絵師のみなさんが描かれた絵など、画像のサイズがそこまで大きくないものはスムーズに読み込んでくれますが

一眼レフや、性能の良いスマホのカメラで撮った写真をそのままアップした画像だと、Twitter側である程度処理はされるとはいえ、読み込みに若干時間がかかることがあります。ストレスになるほどではありませんけどね。

 

YouTubeの動画の再生

結論から言えば、1Mbpsでもスマホのサイズでなら十分な画質でスムーズに再生できます。

 

さすがに720p以上の画質だと下の画像のように読み込み中のクルクルが出てしまいますが、480pまでならスムーズに再生できます。


スマホサイズの画面なら十分キレイ
10インチ程度のタブレット端末になると…まあいいかなぐらいかな。

 

確かにスマホでハイビジョン画質で見ると「おー、すげー、キレイ」ってなりますが


それお外で必要ですかね?


そんなにキレイに見たいなら、おうちに帰って固定の光回線につないで、パソコンの大画面でゆっくり見るほうがよくないですか?

 

と思う私はこの画質で大満足です。

 

というわけで
ずっと1Mbpsだけどギガが減らない生活
大満足です。サイコー

 

12-13時と18-19時は300kbpsになるので注意

毎日お昼の12時から13時と18時から19時は300kbpsに速度が制限されてしまいます。

 

1Mbpsであればほとんどストレスなくできたウェブページの閲覧でも、300kbpsだとモッサリしてしまいます。

 

スマホをよく使うのが、お昼と夕方のこの時間帯であれば、楽天モバイルはやめたほうがいいですね。


私が楽天モバイルの前に使っていたBIGLOBEモバイルのSIMはお昼でも安定して使えてよかったですよ。

 

私の生活上では、その時間帯は高速なWi-Fiが使える場所にいることが多いので、この速度制限はそんなに気になりませんね。

 

必要であればその時間帯だけ高速通信の容量を消費してネットをすればいいわけですし。気にすることないですわ。

 

楽天モバイルのスーパーホーダイの料金は2年縛りで1980円

料金の詳細はこちら

mobile.rakuten.co.jp

 

私が契約したのはスーパーホーダイ プランSの2年縛り
・docomoの回線を利用
・高速通信容量 2GB
・余った分は翌月まで繰越可能
・超過後は1Mbpsで通信可能
・2年間 500円引きだけど、その間に解約すると違約金約1万円が発生

 

ざっくりこんな感じです。

高速通信容量がもっと多いプランがありますが、基本的に高速通信をOFFにして1Mbpsでの通信しかしないので、この容量で十分満足です。

 

先月は1回も高速通信をONにしなかったので2GBまるまる今月に繰り越されました。

 

先月の残り2GB+今月の2GB=4GBになっています。

直近で約1GBほど使ってますが、高速データ通信をOFFにしてるのでギガの消費はありません。

 

この繰り越された容量も使わずじまいになりそうです。1Mbps出ればモバイル環境なら満足できるスピードです。

 

これまでのBIGLOBEモバイルが大体月2500円ぐらいだったので、ちょびっと節約になりました。

 

今後はRakutenが用意する回線になるからドコモのMVNOサービスはやめるのかも

10月から楽天の自社回線の運用が始まります。要は楽天が基地局を用意して、その電波で通信をするようになるってことです。

(10月になったらいきなりドコモのMVNOから楽天の回線に切り替わるわけじゃないよ。念の為)

 

最初は大都市のみで、徐々にエリアを広げていくみたいですね。

 

となると近い将来、今使っているドコモの回線を利用したこのSIMは使えなくなる「かも」しれないってことになります。

 

ドコモの回線を利用したこのSIMが使えなくなって、楽天の自社回線に移行したときに

 

楽天を信用したいけどね...ドコモ並の繋がりやすさが維持できるのかかなり不安です。

 

繋がりにくかったら違約金払ってでも即解約ですね。

 

デカイ不安要素はありますが、とりあえず今のところは快適な1Mbps生活ができているので、これが長く続いてくれることを祈るだけですね。