わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

Softbank Airでオンラインゲームしたらラグが出てスマブラSPの対戦で負けた

Softbank Airのインターネット生活4ヶ月目にはいりました。

以前もレビューしてますのでよかったら参考程度に。

www.ikanosuminaga.com

 

普通にネットサーフィンをする分にはそこまで不満を感じることはないんですが、やはりSoftbank Airはモバイル回線。0.何秒のラグが命取りになるオンラインゲームには向いていません。

 

今回は、Nintendo Switchの対戦ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでのオンライン対戦をSoftbank Airの回線でプレイするという検証をしてみました。

 

 

 

 

我が家のSoftbank Airの回線状況

まずは自宅に設置してあるSoftbank Airの回線状況についてご紹介しときます。

電波状況はSoftbank Airの設定画面で確認できます。

電波状況はごらんの通り。田舎の方ではありますが、まあまあにぎやかや場所なのでMAXまで行くかと思ったんですが、そうでもないみたい。

 

この状態でスピードテストをしてみると

Googleのスピードテストの結果ではPingが約30ms程度です。悪くはないんだけれどもオンラインゲームでの対戦をやるのに十分かといえば微妙なところ。

 

実際にSoftbank Airの回線でオンラインゲームの対戦してみた


Softbank AirでスマブラSPのオンライン対戦をやってみた

7月15日海の日の午後8時。戦いの火蓋は切って落とされた。
という感じで大げさに書いてみましたが、普通にオンライン対戦をするだけです。ちなみにWi-Fi接続ではなく有線LANで接続しています。

 

画面はカクついたり、止まったりということはありませんが
プレイしていると、コントローラーのボタンを押してから、実際にキャラクターが動作するまでに0.何秒か遅れがあります。

 

スマブラのような対戦ゲームでは小数点以下の遅れも致命的です。
やはりSoftbank Airのようなモバイルの回線では、現状ネット対戦をするのは難しいようです。

 

ネットカフェのWi-fiで対戦したらラグなしで快適だったよ

余談ではありますが、ネットカフェの快活CLUBにNintendo Switchを持って行ってWi-fi接続した上でスマブラSPのオンライン対戦をしたところ快適にプレイできたことを報告しときます。

 

画面キャプチャはしてませんが、Googleのスピードテストを行うと
Pingが15~20msぐらい、上り下りともに100Mbpsに迫るという超快適な通信環境でした。

 

ということでお家に快適な通信環境がないみんなは、快活CLUBにいってスマブラSPをしよう!!

 

個人的主観ですが、快活CLUBのネット回線についてははずれがないですね。どこの店舗でも快適な通信環境が提供されています。


しかもドリンクバーも充実してて、ソフトクリームも食べれる。朝は食パンとポテトが無料で食べれるというおまけつき。(もちろんおのこし厳禁!!)
ネカフェに泊まるときは基本的に快活CLUB使ってます。おすすめです。

 

まとめ

結論としてSoftbank Airでは快適にスマブラSPのネット対戦をすることは難しいということです。

 

ただ他のゲーム(スプラトゥーン2やマリオカート8など)はこちら側では何の不便もなくプレイできています。

 

ただこのようなオンラインゲームは高品質な回線を使うことが強く推奨されているので、できるかぎり高速な固定回線でプレイしましょう。

 

これから今のLTEに代わる5Gのサービスがはじまればまた状況は変わってくるかもしれませんね。