わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

Google Pixel 3をいまさらレビュー 5~6万円で手に入ればおすすめのスマートフォン

もうすぐGoogleのスマートフォンのPixel 3の後継機(廉価版?)が発表されるようですが

store.google.com

 

このタイミングでPixel 3を買っちまいました。

 

これまでXperia X Performanceを約3年間ほど使ってましたが、さすがに動作が重くなってきて、PayPayの支払いすらスムーズにできなくなっちゃったし

 

しかもごくたまにですが謎の再起動をするようになったので、いっそのこと機種変しちゃえということで

 

気になっていたPixel 3を買ってしまいました。

せっかくなのでレビューしていきますよ。

 

 

Google純正のスマホPixel 3のお値段

 

まずはお値段のお話。

 

現在のところ日本のGoogle公式のオンラインストアでSIMフリー版を購入すると9万5000円です。

 

Pixel 3と競合するiPhone XSだと一番安くて11万2800円なので、それを考えると割安といえば割安。(スマホに10万弱でも高いけどね)

 

さすがに9万5000円は高いので、私はフリマアプリのラクマで購入しました。SIMフリー版ではなくdocomo版ですが、その時配信されていた5%引きクーポン利用で5万8425円で買うことができました。

 

しかもLINE Payの20%キャッシュバックキャンペーンのおかげで5月末に5000円戻ってくるので、実質約5万3000円でGETすることができました。やったね。

 

出品された方によると6月末にはSIMフリー化できるとのこと。

直近で海外に行く予定ないし全然オッケーって感じですね。

Google Pixel 3の外観

まずはGoogle Pixel 3の本体のお写真をどうぞ。

こちらが表面

今回はブラックを購入しました。本当はホワイトがよかったんですが、予算の都合上ちょっと安く出品されていたブラックにしました。シックな感じもなかなかイイ!

 

そしてこちらが裏面

最近のハイエンド機だとカメラのレンズが2つ付いてたりするんですが、Pixel 3は従来機と同じく1つです。

 

ちょうど人差し指があたるところに指紋認証をする部分があります。

下の方にはGoogleの「G」のマーク。かっちょイイ

 

でもケースを付けちゃうと見えなくなっちゃうんですけどね。

ちなみに今使っているケースはAmazonで買ったSpigenのケースです。

次は大きさを今まで使っていたXperiaと比較して見てみましょう。

これまで使っていたXperiaは5.0インチ、Google Pixel 3は5.3インチなので本体は若干大きくなりました。

 

一般的な成人男性よりも手が小さい私にとってはXperiaの大きさがちょうどよかったので、画面が大きくなったPixel 3は若干持ちづらさを感じます。ケースを付けているのでなおさらです。

 

まあ約1ヶ月使ってきてだんだんと慣れてきたのでよしとします。

 

一般の男性ならちょうどいいサイズ感ですが、女性の手にはちょっとデカいかなといったイメージで大丈夫です。

 

Google Pixel 3の性能

store.google.com

細けぇ仕様は上のリンクをチェックしてください。

気になったことが2つ。

1つ目は下の方でも書きますがUSB-Type C対応なので高速充電が可能です。これはうれしい。

が、しかしパソコンにGoogle Pixel 3を接続するときに、片方がUSB-Type C、もう片方が通常のUSB端子のケーブルを用意しないと接続できません。

 

私はNintendo SwitchのProコントローラーを充電するためのケーブルでPixel 3とパソコンを接続していますが、Switchを持ってない方で、パソコンと接続したい人は注意が必要です。

 

2つ目はメモリ4GBというのは最近のトレンドからするとちょっと少なめですね。

ASUSやHuaweiが6GBドーン!と載せてくるのを見ると、なんで世界のGoogle様のスマートフォンは控えめなんだろう?って思っちゃいます。

 

実際にPixel 3を生活で使ってみたら十分な性能だったよ

CPUがどうだのメモリがどうだのよりも重要なのは、実生活で快適に使えるかどうかです。

結論から言えば「快適」です。

動画を見ていただくと分かりやすいと思いますが、画面が遷移するときのカクカク感や引っかかった感じがPixel 3では一切ありません。

このカクカクが、PayPayなどのバーコードを表示させて支払うアプリを使うときに厄介だったんですよ。

アプリを起動させるのにも時間がかかるし、そこからバーコードを表示させるのにも時間がかかるし...

で、あたふたしてる私を店員さんが無言で見つめるというあのイヤや空気が生まれるんです。

Pixel 3ならサクサク動作してくれるのでササッとQRコードを表示して支払えます。

もちろん他のアプリの動作も快適です。

 

しかもPixel 3はアプリを100個以上入れていて、Xperiaはほとんどアプリを入れていない状態でこの差ですからね。

ただ、また数年経ったらPixel 3も動作がカクカクになっちゃうんだろうな~

スマホでできることが進化していけば、その分高いスペックが要求されるのは当たり前ですからね。それは仕方ない。

少なくとも今のところは普段遣いには困ることのない性能です。

ゲームに関してはもうちょっと検証が必要ですかね。

 

Google Pixel 3のカメラがスマホとは思えないぐらいイイ!

Pixel 3のカメラはマジですごいです。Pixel3と一眼レフのEOS 70Dの画像を両方出すのでマジで見て。

 

EOS 70D

 

Google Pixel 3

どうですか。ほとんど一眼レフと遜色ない画質ですよね。

バカでかい一眼カメラ並みの画質をスマホのカメラで出せるとはすごいですね。

 

上の2つの画像を拡大してみるとこんな感じ

EOS 70Dはモヤっとした水彩画のような感じ

Pixel 3はシャープで細部まで描きこまれている感じが見てとれます。

どちらがいいかというのは人の好みにもよるでしょうが、旅行の写真もスマホで済ませたいという人がPixel 3を選ぶのはアリなことが分かってもらえるでしょう。

 

夜暗くなってから撮影した画像も見ていただきましょう。

EOS 70D

 

Google Pixel 3

夜の撮影でもノイズをEOS 70D並みに抑えられています。すっごーい。

 

Pixel 3のカメラの夜景モードがすごい

Pixel 3の目玉機能といってもいい夜景モードを試しに夜桜見物に行ってきました。

 

こちらは通常の撮影

 

こちらが夜景モードで撮影した画像。

提灯の灯ぐらいしかない場所でもここまで明るく撮れます。

 

ただ実際に目で見たものとかなり離れてしまうので好みがわかれるかもしれません。

提灯の赤い暖かみのある色が夜景モードでは失われてしまいます。

 

また明るく撮れすぎて現実離れした不自然な絵になることもあります。

桜の後ろの風景を見ると大都会のように見えますが、実際は住宅街のあかりがちょいちょいあるだけです。

 

夜景モードだとちょっとした明かりが大げさすぎるレベルで明るく撮れてしまうことがあります。

 

夜間や暗い場所での撮影は通常のモードと夜景モード両方で撮るのがおすすめです。

 

Pixel 3の動画性能も良くてYouTuberになろうかと思った(やるとは言ってない)

動画の撮影もPixel 3すごいです。とにかく撮ったものを見てもらえればわかります。


Google Pixel 3で動画のテスト撮影(電車内にて)

 

これすごいですよね。画質がいいっていうのもあるんですが、注目したいのが手振れ補正

 

まずは歩いて撮影した動画。まったくブレがないというわけではありませんが、歩いている感じが伝わるような自然なブレになってます。

 

これがほかのカメラだと1歩歩くごとにブレて何が何だかわかんない動画になっちゃいます。

 

次に電車に乗っているときに外の風景を撮った動画です。

左手は手すりをつかみ、右手でPixel3をもって撮影しました。

かなりガタガタ揺れる車内でしたが、安定した映像が撮れています。

 

これすごいですよね。Pixel 3一台あればYouTuberになれますよ。これ割とマジで。オレもYouTuberになろうかな。

Pixel 3のバッテリー性能は...普通かな

気になるバッテリーの持ちですが、公式サイトに「長持ち」と書いてある割には

他のごく一般的なスマホと同じぐらいの電池持ちでした。

 

4月24日、フル充電して朝から普通に使って、寝る前にどれぐらいバッテリーが減ってるか検証してみました。

 

まず朝起きてGooglePlayでアプリの更新を13個しました。(合計100MBないぐらい)

 

お仕事の休憩時間で

・4G通信でネットサーフィン(ChromeとかTwitterとかでのネット閲覧、動画視聴はほぼなし)を1時間04分

Wi-Fiでネットサーフィンを13分

写真を数枚撮影

 

夜お家に帰って寝る前に

プライムビデオをHDで約24分視聴しました。

 

これで残り39%になっていました。

 

仕事の内容的にスマホで調べものしたり、連絡したりということはほぼないので、私にとってはこのバッテリー持ちでも十分かなと。

 

仕事で常にスマホで調べものしたり、連絡とったりするような使い方だと、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

 

私もGWに旅行に行くんですが、知らない土地だと地図見るし、調べものもするでしょうから、ちょっと心もとない感じがします。

 

ゲームをガンガンやって、ビデオもガッツリ見る方だとよりバッテリーの持ちに関して不満を感じるでしょう。

 

しかしながらUSB-TypeCなので、高速充電が可能です。30分程度の充電でもかなり回復します。

出力がデカいモバイルバッテリーを1つ持っていれば十分解決できるでしょう。

 

普段使うぶんには十分、だけど遠出するときはちょっと不安なのでモバイルバッテリー必須といったところです。

 

結論

Google Pixel3、十分満足できる出来でした。

 

性能は数年後どうなるかはわからないけど、少なくとも現在は申し分なし。

カメラはズームしなければ一眼レフと肩を並べるほどに最強。

電池持ちは若干不安がありますが、モバイルバッテリーもってればとりあえず安心。

 

しかしながらこれを95000円出して買う価値があるかといえばちょっと考えちゃいますね。

そこまで出すんだったらもうちょっとバッテリーの持ちよくしてよ、とか光学ズームできてくれよとか思っちゃいます。

 

ドコモやソフトバンク公式やメルカリやラクマで5~6万円程度で手に入れられるなら、納得の性能です。

 

ぜひご検討を!