わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

楽天カード VS Orico the Point どっちのクレカが良いか比較してみた

クレジットカード、どれを発行したらいいか迷っていませんか?

 

特にこれから大学生になる方はいろんな所から勧誘をうけてこんがらがってるのではないでしょうか

 

今回はそんなあなたにおすすめのクレジットカードを2枚紹介します。

その2枚とは「楽天カード」と「Orico the Point」


どちらのクレジットカードも利用経験がある私の生の声をお届けしましょう。

 

 

楽天カード、Orico the Pointの共通のメリット

まずはこの2枚のカードに共通したメリットを紹介します。

 

どこで使っても還元率が1%

いろんな企業からたくさんのカードが発行されていますが、そのほとんどが還元率が0.5%です。

 

そんな中で楽天カードとOrico the Pointはどこで使っても還元率が1%です。


普段のスーパーやコンビニでの買い物でも、ネットでの買い物でも、少なくとも支払い金額の1%ポイントをもらうことができます。

 

たった0.5%の違い?いやこれがデカイんですよ。

 

クレジットカードの年会費が無料

楽天カード、Orico the Pointどちらも年会費は一切かかりません。


万が一発行したクレジットカードに満足できなくて使わなくなったとしても、お金がかかることはありません。

 

年会費が有料のクレジットカードもありますが、特にクレジットカードをはじめて発行する方や学生さんは、年会費が無料もしくは年1回でも使えば年会費が無料になるカードを選びましょう。

 

せっかくポイントを貯めても年会費で相殺されてしまう可能性もありますからね。

(生活費の決済をすべてカードに集約すればそんなことはないと思いますが…)

 

楽天カードのメリット

楽天カード独自のメリットを見ていきましょう。

 

入会時に無条件(もしくはゆるい条件)でもらえるポイントが多い

テレビCMで一度は楽天カードマンのCMを見たことがあるでしょう。


【楽天カード】楽天カードマンCM|「楽天カード オススメ理由」篇 A 15秒 [公式]

こんな感じのやつです。

 

入会でもらえる5000ポイントのうち

2000ポイントは無条件で、
3000ポイントはカードを1回利用するだけでもらえます。要するに楽天カードに入会した人ならほぼもらえることになりますね。

 

他のクレジットカードだと例えば
「最大1万ポイントプレゼント」

みたいな広告をうっておきながら、分割払いだのリボ払いだの

 

いろいろな厳しい条件をくぐり抜けないともらえない、ということが多々あります。

 

ちなみに楽天カードは定期的に8000ポイントプレゼントのキャンペーンやってるので、そのタイミングを狙って入会するのもいいでしょう。

 

楽天での買い物なら還元率3%

楽天カードを使って楽天で買い物をすると、いつでも還元率が3%になります。

 

ちなみに楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると還元率が4%になります。


楽天カードを発行する人は楽天銀行の口座開設もあわせてしておくといいですね。

 

また楽天モバイルの音声通話SIMを利用していれば還元率はさらにアップします。

 

楽天で買い物をする時に
楽天カード支払い+引き落とし口座が楽天銀行+楽天モバイル=還元率6%
これを実現することができます。

 

この還元率はまだまだアップできるので気になる方はこちらをチェック

event.rakuten.co.jp

 

生活を楽天市場中心にできるなら楽天カードはかなりオススメです。

 

楽天で貯まったポイントは1ポイントから利用可能で街のお店でも使える

楽天カードなら「〇〇ポイント貯めないと交換できない」ということはありません。

 

貯まったポイントは1ポイントから楽天のサービスで利用することができます。

 

また楽天ポイントが使える街のお店でも使うことができます。
身近なところで言えば、マクドナルドやミスタードーナツですね。私が住んでる田舎ですら何軒かあります。


それ以外にもドラッグストアやらで使えるようです。詳しくはこちらをチェック(といって説明を丸投げ)

pointcard.rakuten.co.jp

 

他にも楽天ポイントは楽天Edyの残高に交換することもできます。

pointcharge.edy.rakuten.co.jp

楽天Edyの残高に交換すれば、貯めたポイントを使えるお店がぐっと広がります。

 

期間限定の楽天ポイントは楽天Edyの残高に交換できませんが


楽天Payを使えば楽天Payの支払いに対応したローソンやファミマなどのお店で使うことができるので


「期限が過ぎてポイントがムダになっちゃった。」

ってことも防ぐことができます

 

Orico the Pointのメリット

ここからはOrico the Pointのメリットをご紹介します。現在私がメインで使用しているカードです。

 

入会後6ヶ月間は還元率が2%

楽天カードのように入会でもらえるポイントは少なめですが、Orico the Pointなら入会から6ヶ月間は還元率が2%になります。

 

もちろんどこで使っても半年間は還元率が2%です。半年間限定とはいえ、年会費無料のカードでここまでの還元率はありえません。

 

生活費を全部Orico the Pointのクレカに集約してたので、この半年間で10000ポイントぐらいゲットしました。

 

入会したときのポイントも合わせると、JALの国内線に1回タダで乗れるだけのマイルに交換できるポイントをゲットしたことになります。

 

オリコモール経由で買い物をすれば還元率アップ

Orico the Pointの還元率は通常1%ですが、オリコモールを通して買い物をすると還元率がさらにアップします。

www.oricomall.com

 

AmazonやYahoo!ショッピング、ヤフオクなど有名なネットショップでは還元率が0.5%アップします。

 

Experia.co.jpだと3.5%アップですって。旅行するときにオリコモール経由でExpediaでホテルを予約すると還元率4.5%です。なかなかいい還元率ですね。

 

Orico the Pointでネットショッピングをするときは、とりあえずオリコモールを見ておくのがオススメです。

 

Orico the Pointはポイント交換先が豊富

貯まったポイントは500ポイントから交換できます。

Orico the Pointの最大のメリットはポイント交換先の豊富さですね。

  • Amazonギフト券
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント
  • JALマイレージ
  • ANAマイレージ
  • WAONポイント
  • dポイント

などなど、とりあえず全部みたいな感じです。

 

「せっかくポイント貯めたけど使いみちがないや」ってことはありません。

 

Orico the Point カードの中にiDとQuicPayを搭載している

Orico the PointのカードにはiDとQuicPayの両方が入っています。

 

iDもしくはQuicPayに対応しているお店なら、店員さんにカードを渡さず
端末にカードをかざすだけでお支払い完了です。

 

もちろん事前のチャージは不要です。利用した分がカードに請求されます。

 

スムーズに支払いができて便利ですね。

 

まとめ

2枚のカードを紹介してきましたが、あなたはどちらを選びますか?

 

楽天カードは
楽天を中心に生活できればザクザクポイントを貯めることができる

 

Orico the Pointは
楽天のように「特定のサイトで買い物すれば還元率バク上げ」ということはないですが、オールラウンドで使える

 

両方使ってみてこんな印象を受けました。

 

大学生のみなさんはこれから色んな所でクレカの勧誘を受けると思いますが、勧誘に惑わされずじっくり選びましょう。