わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

JAL国内線の機内でWiFiにつないでネットしてみた

私が国内線の飛行機に乗るときは、基本的にジェットスターとか春秋航空とかLCCを使うんですが

 

とある事情でJAPAN AIRLINES、要するに日本航空に乗ることになりました。

 

人生初JALになったわけですけども、その時に機内Wi-Fiが使えるということで、試しに使ってみました。

 

 

搭乗前にはJALのアプリをダウンロードして事前準備

JALの機内Wi-Fiを使う前には事前の準備が必要です。

 

とりあえずまずはJALのアプリをダウンロード

 

JAL
JAL
開発元:Japan Airlines Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

ダウンロードしたらアプリを起動しましょう。機内Wi-Fiを使うだけであればマイレージカード等は不要です。
 
アプリの最初の画面の左上をタップして


 
「機内Wi-Fiサービス」をタップ


 
「ご搭乗前に」をタップして


「Gogoを初めて利用する」を選択し、画面に従ってアカウントを作りましょう。


事前準備はこれでOK。

 

JALの飛行機の中でWiFiに接続してネットをしてみる

飛行機に乗ったらWi-Fiに接続しましょう。

 

スマホ本体のWi-Fi設定で「gogoinflight」に接続します。

その後、JALのアプリを起動して「機内Wi-Fiに接続する」をタップしましょう。

こんな画面が出てくるので「無料インターネット接続」をタップしましょう。

 

さっき作ったアカウントでログインします。このあと画像に書いてある数字を入力する認証画面が出てきます。それをクリアすれば機内Wi-Fiへの接続完了!

やったね!

 

飛行機の中のWiFiの速度を検証してみた

気になるのが機内Wi-Fiの速度。

 

結論から言えば普通にネットサーフィンをする程度なら十分に使えます。

Yahoo!ニュースをざっと見てみましたが、画像があっても1つのページを大体7~8秒程度で読み込んでくれます。

 

で、ホントはやらないほうがいいんだけれどもYouTubeやAbemaTVなどのストリーミングサービスにも接続してみました。

 

まずはYouTubeを見てみました。

当然のごとくスムーズに再生してくれます。画質は360pです。

 

そしてAbemaTV。

こちらは画質を「最低画質」もしくは「通信節約モード」に設定すれば途切れることなく再生が可能です。

 

空の上にいるのに地上で配信されているニュース映像がリアルタイムに受信できるのは新鮮な体験でした。

 

映像がスムーズに受信できるんですから、当然音楽もスムーズにダウンロード再生することができます。画像はGoogle Play Musicで音楽をダウンロードしながら再生しています。

 

数時間の空の旅で使う分には、十分すぎるほどの速度が出るJALの国内線Wi-Fiでした。

 

しかしながら誰か一人が大量に通信を行うと、他の人の通信速度が下がり迷惑になってしまいます。

 

今回はほんの数分間だけ動画のストリーミングを行いましたが、飛行機の中のWiFiでネットをするときは

 

基本的にはネットサーフィンやSNSの利用にとどめておきましょう。

 

JALのWi-Fiのスピードテストをやってみた

機内Wi-Fiのスピードテストをやってみました。ご参考までに!

 

上り約1Mbps

下り0.6Mbpsぐらいです。必要十分といったところ。

 

まとめ

初めて機内Wi-Fiを体験してみたわけですけども

 

使う前の予想ではWi-Fiが一応あるだけで、「数分待ってやっとYahoo!が開いたぜ」ぐらいのものだと思ってたんですが

 

意外にも十分使える速度が出ました。遊びでの利用はもちろんのこと

ビジネスマンが機内で資料作成するのにも実用的なネットサービスだと感じました。

 

かがくのちからってすげー。でももっと技術が進んだら機内でも1Gbpsとかになるのかな?

 

どうでもいいこと その1

JALの機内のドリンクサービスのコーヒーが異様にあつかった

どうでもいいこと その2

なんか機内Wi-FiにつないでTwitter見たら、広告がJR西日本の外国語版広告になった。

機内Wi-FiのIPアドレスってどこの国になるんだろうか?ちょっと気になるじゃん。

韓国語でJR西日本の宣伝が入りました。

 

こっちは繁体字中国語です。香港とか台湾の人向けの広告ですね。