わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

キャノン EOS Kiss M × EF-M18-150mmレンズを手放したたった一つの理由

 これ書いたの去年の夏なのか...

www.ikanosuminaga.com

 

去年の夏、EOS Kiss Mと18-150mmのレンズのコンビを購入し、ペニーワイズよろしくおすすめする記事まで書いたのですが

 

売っちまいました。

 

先に誤解のないように書いとくと、EOS Kiss Mと18-150mmのレンズのコンビが悪いわけではないんですよ。

むしろ今でも、カメラ初心者はとりあえずこれ買っといたら間違いないと思ってます。マジで。

 

ただ一つだけ不満なところがあった、というより「出てきてしまった」んです。

 

今回は売っちまったたった一つの理由について書いていきます。

 

 

Canon EOS Kiss Mを売ってしまったたった一つの理由

EOS Kiss Mを売ってしまったたった一つの理由。カンタンに言えば

「私の撮影意図にそぐわなかった」

ということだけです。

 

もともとこのカメラを買ったときは、風景を撮るのがメインでした。いわゆる「街撮り」というやつですね。

 

だから広角で広く撮れればそれでヨシ。ズームしてよった絵を撮ることはたまにしかないので、望遠はある程度でよかったんです。

 

しかしながら、「けものフレンズ」というアニメは私の足を街から動物園へ向かわせるようになったのです。

 

要するに私が撮りたい被写体は「街」から「動物」に変わっていったのです。

 

動物園ではガッツリズームして被写体をピンポイントで撮ることが重要になってきます。(撮影は今使っているEOS D70)

ホントはもっと寄りたい...

 

EOS Kiss Mで最大(150mm)までズームして撮ったサーバルがこちら。

サーバルがメインというより、風景写真の中にサーバルがたまたまいたというような印象の画像になってしまいます。

 

しかしながら街撮りでは広角でいろんな情報を一つの画像の中に詰め込めるほうが重要です。

 

アコムの看板だけドカンと撮っても「これが大都会新宿か~」ってなりませんよね。

 

今までは「面」を撮っていたけど、「点」を撮ることにシフトしたことで、この18-150mmのレンズのズーム性能に不満が出てしまったのです。

 

「もっと寄りたいのに寄れない」という不満がたまりにたまって、EOS Kiss Mと18-150mmのレンズを手放す決断をしました。

 

レンズが不満ならEF-Mマウントのレンズ買えばいいじゃんという話にもなりますが、そんな金がねぇ!

 

EOS Kiss M ×EF-M 18-150の組み合わせが悪いわけではない

冒頭にも書いたように、誤解しないでほしいのはEOS Kiss Mと18-150mmレンズの組み合わせが決して悪いわけではないことです。

 

浮気をしたのは私なんです。

 

広角で広く撮れて、ある程度望遠もできるEOS Kiss M 18-150mmちゃんが今までは好きだったんですが

 

私の気が変わってガッツリズームできる望遠レンズちゃんが好きになってしまったんです。(←自分で書いてて気持ちが悪くなる表現)

 

私が撮りたい被写体と、カメラの特徴があってなかっただけなんです。

 

EOS Kiss Mと18-150mmレンズの組み合わせは特に旅行で重宝します。

 

旅先で撮る写真はほとんどが風景写真か集合写真なはず。ズームして撮るシチュエーションはあまり考えられません。

 

しかしながら望遠は150mmまでいけるので、たまによった絵を撮りたくなったときに役に立ちます。しかもこれがレンズ交換なしでできるところが便利です。

 

メニュー表示も初心者にわかりやすくてグッド!

 

動物園ではちょっと非力な組み合わせですが、旅行や日常的なスナップ写真の用途なら今でも初心者におすすめなカメラだと思っています。

 

まあ売ってしまった私が言うと説得力に欠けますけどね。

 

今使ってるカメラはEOS D70のダブルズームレンズキット

EOS Kiss Mを手放して今何を使ってるの?ってハナシなんですが

 

ヤフオクで落札したEOS D70のダブルズームレンズキットを使ってます。

 

理由は「お手頃で評価が高かったから」

EOS Kiss Mを8万円ぐらいで売って、D70を6.5万円ぐらいで買いました。

 

ミラーレスではないのでデカイかつ重い。

広角、望遠レンズの交換を頻繁にしないといけない。

 

今までと比べれば面倒は増えました。しかしながら250mmまで寄れるので動物園での撮影になんとか耐えてくれます。

 

どうでもいいですが、シャッターを押したときにミラーがガチャンってなる音が「写真撮ってる~」って感じで好きです。

 

まとめ

何度も繰り返しますが、EOS Kiss M × EF-M18-150mmのコンビは街撮りや旅行に最適なカメラです。

 

しかしけものフレンズを見て動物園に行くようになり、動物写真を撮りたくなったカメラ初心者(私を含む)フレンズのみなさんは

 

ヤフオクあたりでガッツリ寄れる望遠レンズ付きの一眼を買うのがいいでしょう。

 

ご参考までに!