わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

受験シーズンだからこそ本当に大学に行く意味があるか考えてほしい

来週はセンター試験ですね。受験シーズンというやつですよ。

 

私も7~8年前にセンター試験受けましたよ。

高校3年間の成績がクソ × 中国に留学することを決めててセンター前はもう中国語のお勉強ばかりしてた=クソ成績凸(◎ω◎)凸 でしたけどね。

 

ムダにセンターを受け、中国に4年半も留学した結果
見事にフリーターになりました。あなたとコンビに家族商店。

 

卒業してからというもの「大学に行く意味ってなんだろうな?」ってずっと考えてます。
とあるおバカ高校出身の人間と同じ場所で同じ仕事をするわけですから。この言い方はまずいか...まあいいや

 

そんな変な経歴を持つ私が、私と同じ大卒フリーターという轍を踏まないように

 

これから大学受験をされる皆々様に大学に行く意味がホントにあるのかどうか

 

ちょろっと考えてほしいので、あえてこの時期にこの記事を書くのですよ。まあ1週間後に受験を控えてる方々がこの記事を見ることもないでしょうけど。ないよね?

 

 

大学に行く意味があるかどうかすぐ分かるたった一つの質問

大学を卒業してもう2年ちょいぐらい経つんですが、その間にいろいろ考えて一つの結論にたどり着きました。

 

それは
大学に行く意味があるかどうかはたった一つの質問でわかる
ということ

では、その質問を今からしましょう。

 

「大学で何のスキルを身につけて、卒業後それで何をするのですか?」

 

さあどうでしょう?パッと答えられたでしょうか。
すぐに答えが出た方は来週のセンター試験がんばってください。Good Luck!

 

答えがうかばなかった皆様、大卒フリーター予備軍です。

 

大学に行くのは目的ではなく手段

大学ってそもそも
「なにか専門的なスキルを身につけて、その後の仕事や人生に生かそうぜ!」
って場所なはずなんです。

 

でもね、実際は大学に合格することが目的になっちゃってるんですよ。私も含めて。
「大学に入った。満足」みたいな感じ。

 

要するに、大学に行くのは卒業後の仕事やら人生やらをより良くする目的のための「手段」であるはずなんですが

 

現実は大学に行くこと(入学すること)自体が「目的」になっちゃってるってことです。

 

入学して、これから専門的なスキルを習得していくぜってなるはずなのに
授業に出たり出なかったり、居眠りしたりが普通にありますよね。


もちろん全員が全員こうではないでしょうけど、それって意味あります?

 

大学を全否定する気はないんですよ。
「将来〇〇したいから、そのために△△大学で勉強、研究したい!」
って言うんなら大学に行く意味は大いにあります。

 

しかしながら
「入った高校が進学校だし、とりま大学行っとかないと」
って言うんなら行かないほうがマシですよ。こんな感じの人結構いるんじゃないかな?

 

別に「お前のようなやつは大学に行くな」みたいな突き放した言い方をしてるわけじゃなくて

 

目的もなく大学に行くのに4年間という時間的コストと学費という金銭的なコストを支払うぐらいなら、その時間とお金をもっと他のところにかけるほうがいいじゃんってことです。

 

もし今高校3年に戻れるとしたら...

まあ学生生活というものが終わってから何を言っても後の祭りですが、もし今18歳に戻れるとしたらと考えると夢が広がります。

 

まずはプログラミングの勉強をしてみたいですね。これから小学校でも必修化されるので覚えておいて損はない、というか覚えていることが普通になるでしょうから。

 

しかもお仕事の需要もアリアリでしょうし、クラウドソーシングをうまくやれば好きなところで働ける可能性が高まります。

今からでもお金と時間があればぜひ勉強してみたいですね。

 

 

ブログも早い時期から注力したかったですね。実は1~2ヶ月前にGoogle Adsenseの審査もちゃっかり通りまして広告もつきました。

具体的な金額はもちろん言えませんが、ちびちびとした小銭が入ってきてます。もっともっと早くからやってれば今ごろは...

 

あとはカメラも勉強したいですね。写真家になって食っていく気はありませんが、正直今の撮影技術は...センスがないというかなんというか。

Twitterとかで上手い人の写真を見ると、もっと時間かけて勉強したいぜってなります。

 

あとあと、絵も描けるようになりたいですね。Twitterを見ると毎日大量の優秀な絵師さんの絵が流れてきます。それを消費する側じゃなくて創作する側になりたい。

 

などなど仕事関係にしろ、趣味関係にしろもっと早くから勉強したかったことがたくさんあります。

 

もちろん、勉強したからといってすべて成功するわけではありません。人間向き不向きがありますからね。

 

仮にこれから4年間自由な時間をもらって勉強したとしても

「プログラミングはやっぱり自分には向いてないや~」ってなる可能性も十分にあります。

 

でも4年もあれば、多少の失敗はかすり傷程度で済みます。
「向いてない」、「苦手だ」って分かることも1つの勉強ですから。

 

大学3年だったかな?使いもしない英語をTOEICのために1年間みっちり勉強しましたが、ホントに意味がなかったです。


TOEIC取得のためにみっちり勉強して書きもできない、読みもできない、聞きもできない、喋りもできない。ホントにムダな努力でした。
ちなみに成績は725点でした。まあまあ優秀でしょ?でも成績表も捨てました。いらないもん。

 

 

具体的な目的もなく大学に入って、興味もない授業を受けて...学費と時間をムダにする。それって意味あります?

 

もちろん自分の「勉強したいこと」が大学に入って効率よく深く学べるのであれば

時間的、金銭的なコストを支払ってでも大学に進学して勉強すべきですよ。ここは勘違いなさらないように。

 

まとめ

ダラダラと書いてきましたが言いたいことをまとめると

 

・大学に入るなら卒業後どうしたいか具体的に考えようぜ

・大学4年間で支払うお金と時間のコストに見合ったものが卒業後に得られるかどうか考えようぜ

ってことです。

 

念のため誤解されないように言っとくと


大学に入る目的がボヤっとしてるなら行かない方がいい
目的が明確なら、今週のセンター頑張れよ

 

とにかく「目的」が大事。

 

大学に入ることがゴールじゃなくて、むしろスタートライン。大学で勉強して身につけたスキルを卒業後の仕事や生活に生かすことができてやっとゴールです。

 

目的もなく、ただなんとなく大学に入るぐらいなら、そのお金と時間を別のことに使った方が有意義ですよ。

 

ということをアラサーの仲間入りをした大卒フリーターくんが書き残しておきます。