わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

那須どうぶつ王国は動物が間近に見られてサイキョーすぎるだろ&けものフレンズとコラボしてた~前編~

平成最後の夏!だからと言うわけではありませんが、けものフレンズ関係のイベントが各地で行われています。

もちろんすべて回れるほどの体力、気力、時間、そして金銭的余裕はありませんが、どこにも行かないという選択肢は私にはありません。

 

ということで、ヤフオクで青春18きっぷを落札して普通列車でやってきました

栃木県の那須どうぶつ王国です。

 

どんな動物たちに出会えるのか。今回はその行ってきましたレポートです。

 

 

那須どうぶつ王国×けものフレンズコラボやってた

「やってた」というよりもそれ目当てで行ったわけですが...

 

入り口はサーバル...ではなくキュウビキツネがお出迎え。アニメからけものフレンズにハマったヒトなので、あまり存じ上げません。ごめんちゃい

 

ちなみにサーバルは入り口から斜め右手側の「王国バザール館」という売店前にいました。

 

このようなコラボパネルの展示とグッズ販売などが今回のコラボ企画の内容。

あと声優さんのトークショーも企画されているようです。9/30に予定が合う方はぜひ行ってみては?

 

那須どうぶつ王国の動物たち

約6時間半も時間があったのでじっくり観察&写真撮影ができました。

 

那須どうぶつ王国のいいところはヒトと動物の距離が近いことですね。

こちらはケープペンギンですが分かってもらえますかね。この距離感。ホントに目の前です。

 

しかも一部の動物はさわることができたり、餌やりができたりします。

(触れない動物もいるので、周囲の注意書きや係員さんの指示を確認しましょう)

 

ペンギンビレッジ

まずはペンギンビレッジから。

 

日本で唯一パフィンが見られるとのことでしたが

おお、これが噂のパフィンちゃんですか。カラダの色の付き方がペンギンそっくりですね。

 

魚を縦にして飲み込むという食事の仕方もペンギンとほぼ一緒です。

 

しかし羽を広げると違いは一目瞭然。空も飛べます。

個体差はあるんでしょうけど、なんとなく困ったような目をしてますね。

 

となりにはジェーンがいました。換羽期だったのでケバケバになってます。

私が見たときはお休み中でしたが...寝方がシュールw

 

室外に出るとフルルーやケープペンギンが飼育されています。

池袋のサンシャイン水族館でもケープペンギンが飼育されていますが、こちらではもっと近くで見ることができるのでオススメ。

 

おんなじ物に興味をそそられているのが可愛らしいな。このやろう。

 

リア充爆発しなくていいから末永くお幸せに。

 

アメリカビーバー

家造る気ゼロです。なんだかんだこの日も暑かったからね。

 

ちょうどお食事のお時間だったんですが、飼育員さんがベルを鳴らしてもエサには一切興味を示さず...

結局餌やりは中止

 

飼育員さんの説明にもありましたが、そう言えばビーバーが魚を捕まえて食べてるイメージってありませんね。

 

飼育員さんが食べさせる予定だったものも、葉っぱ系のもので肉はありませんでした。

 

草食系男子というやつか。いや女子かもしれんけども。

 

ユーラシアカワウソ

 

こちらもちょうど餌やりの時間ですが、ビーバーとはうって変わって超アクティブです。

 

飼育員さんがエサを四方に投げて餌やりをするので、カワウソのハンター的な部分を見ることができます。

 

運が良ければこのようにカワウソの水中の姿も見ることができます。後半身をうまく使って泳いでいることが分かりますね。

 

ちなみに別の展示エリアですが、コツメカワウソもいました。

木の間に挟まってました。サンシャイン水族館や、多摩動物公園などにもいますが、いい意味で落ち着きのない感じは変わりませんね。

 

目がサンシャイン水族館にいるのよりもクリッとしている気がする。きゃわわ

 

ハシビロコウ

上野動物園などでも見てきましたが、ここまでよく動くハシビロコウを見たのは初めてです。

 

頭が痒かったのか、羽のところに何か虫でもいたのか、どうしたんでしょう?

 

その後は羽を広げてリラックス状態?

 

私がここに行く1週間前ぐらいにもう1匹いたハシビロコウのアサラトくんが急逝したようです。

 

実際にその姿を見たことはありませんが、Twitterを見る限り表情豊かな姿だったようですね。

死因は現在のところ不明。直前まで元気だったようですが何があったんでしょう?

いづれにせよ残念です。

 

ジャガー

今回一番のお目当てです。私が知っている限りでは東京付近にはいないみたいですからね。

 

顔がデカくて

 

首が太くて.

 

足が短くて

 

ちょっとズングリムックリな感じのするのがジャガーです。

 

個体差なんでしょうか、体の丸の中に点の模様は全体の1/3程度で他はチーターとあまり変わらない感じでした。


ちなみに腹の方は白黒です。

 

ジャガーもやっぱりネコ科。行動は普通のネコと変わりありませんね。

ガッチリした体なので、同じ仕草でも迫力は違いますが

 

マルネコ

こっちのほうがズングリムックリな感じがします。
寒い地域に住んでるので毛が厚くなっているようです。

 

普通のネコと違い、耳が頭の後ろについていて、目立ちにくくなっているのは、敵に見つかりにくくするためだとか。

 

レッサーパンダ

カメラ慣れしているのか、いい感じのところで止まってくれます。

 

レッサーパンダは暑さに弱いので、ただ単にエアコンの近くにいたかっただけかもしれませんが...

 

光の当たり方がドキュメンタリー番組のインタビューを受けてるみたいになったw

 

やっぱり人気ですね。レッサーパンダの前は人でいっぱいでしたよ。

 

カピバラ

大きな池があったので水の中から目と鼻だけ出している姿を見ることができるかと思いきや、ちょうど食事の時間だったため全員陸上に。

 

なかなか見ることができない口の中を撮影することに成功。単にエサを要求されていただけなんですけどね。

 

あの口の中になが~い歯が伸びています
「歯」というよりか「牙」と言うのが正しいかも。

 

カピバラの鳴き声って「キュルルルル...」なんですね。初めて声聞いたよー。

今回は入れませんでしたが、カピバラを見ながら温泉に入れる場所もあるようです。

 

また近くにカピバラを眺めながら入れる足湯があります。ホントの温泉のようで、温泉特有のヌルヌル感がありました。

後編へつづく

画像や動画が多く、ページが重くなるとまずいので前編と後編に分けます。

www.ikanosuminaga.com

 

那須どうぶつ王国はブログ記事には書ききれないほど魅力たっぷりですので。