わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

アブラサスの薄い財布2ヶ月使用レビュー キャッシュレス生活者の強い味方

3年ぐらい使ってきた財布が古くなってきたので新しいものに買い換えました。

 

それがこちら。アブラサスの薄い財布です。

キャッシュレス生活でほとんど現金を使わない私にはピッタリな財布のはず!ということで前々から気になっていたんですが、やっぱりお高くて手が届かず

 

だったんですが、メルカリを見ると中古で安いのがあるじゃないですか〜

 

いくらかは言わないけど、状態がそんなに良くなかったため新品の半額以下でゲット。

 

ということでレビューしていくぞ。

 

 

薄い財布は使わないことを前提とした財布

薄い財布にある機能は
・お札入れ
・小銭入れ(最大15枚まで)
・カード入れ(4枚まで)
・鍵入れ
これしか機能がありません。

 

この部分がが小銭入れ。


ユニークな形をしていますね。
ここに小銭を入れて、2点のポッチでとめます。

 

正直この小銭入れ使いづらいです。レジで大量に小銭をもらったときは、一旦レジを離れて落ち着いてゆっくり入れていきます。

 

普通の財布なら口が広いので放り込めばそれで終わりなんですが、薄い財布の小銭入れの小さな口では、ジャラッと放り込めば確実に落とします。1枚1枚丁寧に入れていく必要があります。

 

また薄い財布は小銭入れの部分を手で支えられないので、画像のようにプランプランした状態で小銭を入れていかないといけないので大変です。

 

お札は左上の部分とカード入れの下で挟む感じで入れます。
10枚ぐらいが限界です。

まあ我々はキャッシュレスなので、そんなに入らなくてもいいのです。(←お金がないだけ)

 

 

 

カード入れはこの部分。普通の財布みたいに1枚1枚別のポケットになっているのではなく、カードを重ねてここに差し込みます。
最大容量は4枚。5枚頑張れば入れられるかな〜

 

一番上のカードならスッと取り出せるんですが、2枚目より下のカードは一旦カードを全部取り出して、必要なカードを取り出すような感じです。

 

1枚目以外のカードへのアクセスは普通の財布と比べると手こずりますね。
普通の財布なら入っているカードを一覧でき、目的のカードをすぐに取り出すことができるのに対して

 

薄い財布は

一旦全部出して目的のカードを探す

取り出したカードを整えて財布に戻す

という手間があります。


このように一般的な財布と比べると全体的に機能は制限され、使い勝手もあまりいいとは言えませんね。
薄さのためには若干の不便さも受け入れないといけません。

 

薄さのために使い勝手を犠牲にしてなにが悪い?

しかし、私はこの財布今後も愛用していこうと思ってます。1〜2年経ったら新品買おうかな。

 

使いにくい?だから何?って感じ。私のようにキャッシュレス生活を送っている人にとっては。

 

まず札や小銭に触ることって普段ほとんどありません。


コインランドリーや電子マネー未対応の自販機で数枚取り出すことはあっても大量の小銭をジャラジャラ出し入れすることは、ほぼありませんね。
(たまにダイソーで1000円札を出して892円戻ってくることはありますが...)

 

カードもほとんどメインで使っているKyashカード以外はあんまり使わないかな。
おサイフケータイあるし、ポイントカード類も基本スマホの中です。

www.ikanosuminaga.com

 

しかし、ホントにたまーに現金が必要になるんですよ。

 

普段は財布を開くことはほぼありませんが、その時のためにやっぱり財布は必要になります。

 

そんなに財布を触ることはない、だけどたまに必要になる

だから薄くなってくれるなら、多少不便でもオッケーなんですな。

 

元々そこまで分厚い財布を使っていたわけではありませんが、もっと薄くなってさらにポケットの中が快適になりました。

 

まとめ

冒頭にも書いたとおり、薄くてコンパクトに持ち運べる分、財布としては不便なところがあります。

 

その不便さとかどうでもいいぐらいのキャッシュレス生活をしている人であればアブラサスの薄い財布はマジでオススメ。

 

私の場合はカードが4枚だと厳しいのでこれとは別にLoftで買ったカードケースを持ち歩いていますが、2つ合わせてもこの薄さ。

 

もうみんな薄い財布にしよ。というか薄い財布でいいってなるぐらいのキャッシュレス生活にしよ!

 

www.ikanosuminaga.com