わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

キャッシュレス生活をしている私が現金払い派の不安を解消する記事

数日前のニュースなんですが

amp.review

コンビニの店員やってたらよく分かりますが、 若い人からおじいちゃんおばあちゃんまでほとんど現金払いなんですよね〜

 

機会が苦手なおじいちゃん、おばあちゃんが現金払いと言うのであればわかるんですが、デジタルネイティブであるはずの若いにーちゃん、ねーちゃんもまだまだ現金払いです。

 

しかも上の記事の調査では80%の若者が現金払いをしているようです。


まあ確かに若いお客さん10人来たとしても、電子マネーやカードで払うのは1〜2人ですね。

 

今回の記事ではね、キャッシュレスのメリットと、現金払い派が心配していることの大半は心配しなくていいことだぜってことを語らせてください。

 

 

キャッシュレスにするメリット

キャッシュレスの最大のメリットはポイントが貯まることでしょう。

 

去年1年間、私がほとんど現金を使わずに電子マネーやカードを駆使してキャッシュレス生活をしたら


一人暮らしなのに約1万円分のポイントやキャッシュバックを受けれたわけですよ。

www.ikanosuminaga.com

別に特別なことはしていません。ただ現金で払うところを、電子マネーやカードで払っただけです。

 

宝くじで1万円当てるのって相当運が必要ですが

日々の支払いをキャッシュレスにするのは誰でもできます。

 

しかも宝くじは1枚300円かかりますが、現金払いからキャッシュレスへの移行は基本的にコスト0。

キャッシュレスにしない理由がありませんね。

 

しかもキャッシュレスならスーパーやコンビニなどのレジで小銭をジャラジャラ探す必要もありません。

 

現金だと
店員「お会計501円です」
客「ちょうどいい小銭ない。1000円で」
店員「1000円お預かりします。ピッ、ピッ、ジャラ、ジャラ(レジから499円の小銭を取り出す音)」
 「お返しが499円です」
客「ジャラジャラ、チャリン、チャリン(小銭を財布の中に入れる&何枚か床に落とす音)」
店員「ありがとうございました」
〜数時間後〜
店員「なんかレジのお金合わないんですけど」

 

これがキャッシュレスだと

店員「お会計501円です」
客「クレジットカードで」
店員「カードお預かりします。ピッ、ピッ」
  「カードお返しします。ありがとうございました」
う〜ん、スマートですね。

 

お客さん側からしたらレジでの支払いがスムーズになり、かつポイントもGET

店員側もレジの中の小銭を取る面倒がなくなり、レジ点検で違算を出すこともない

お客も店員もハッピーです。

 

現金払い派の不安はほとんど心配無用な件

一方、「(普及してほしいと)思わない」と回答した人を対象に、「電子マネーについて不安がありますか?」と聞いたところ10代の62.4%、20代の56.3%の人が電子マネー利用について「(不安が)ある」と回答した。

そして、その理由を聞いたところ10代、20代ともに「紛失のリスク」という回答が最も多く、他にも「金銭感覚が狂う」、「使用できない場所がある」といった声が挙がったという。

10、20代でも平均80%以上が「現金派」。遅れるキャッシュレスには“紛失”や“使い過ぎ”への対策が普及のカギ? から引用)

なるほど。現金払い派の方々はこういう不安を感じているわけですね。

それ、一つ一つ解消していきましょう。

 

カードを紛失したらロックしてとめればいいじゃない

まずは不安第1位に輝いた「紛失のリスク」を解消していきましょう。

 

そもそも現金もカードも同じ財布の中に入っているでしょうから、紛失のリスクは一緒です。

 

もっと言えばカードはロックすることができるので、紛失時のリスクは現金よりも低いと言えます。

 

例えば私がよく使っているKyashリアルカード
これはアプリからロックすることが可能です。なくしたらアプリでサッとロックすれば誰かに使われることもありません。

ジャパンネット銀行のカードもインターネットからロックすることができます。

 

私が使っているOricoのクレジットカードに関してはネットからはロックできませんが、コールセンターに電話をすることで最悪誰かに使われたとしても60日以内なら保証してくれるようです。
電話番号を登録しておけば万が一のときも安心ですね。

 

これが現金だとどうでしょう。使われないようにロックしておくことができ...ませんよね。

 

私がもし悪人だったら財布の中の現金だけ抜き取ってそれ以外はポイですよ。
他人のカード使っちゃったら足がつくかもしれませんし。そもそもロックされている可能性もありますからね。

 

カードをなくしたときにすぐに対応できるようにちゃんと対策をしておけば、現金よりも紛失のリスクを抑えることができます。

 

お金の使いすぎは現金でもカードでも一緒

そもそもお金を使いすぎちゃう人って現金だろうとクレジットカードだろうと使っちゃいますよ。個人の性格の問題。

 

1番の対策としては記録することですね。

 

私は超慎重派なので、Zaimで家計簿を毎日つけています。


こんな感じで食費にいくら使った、遊びにいくら使った...などなど事細かに記録しています。

 

予算を設定していれば、今月あとどれぐらい使えるかというのも1円単位で出てくるので
今月前半使いすぎだから、後半抑えようとかできるわけですね。

 

で、月末になってデータが溜まってくると
「今月吉野家行き過ぎ。自炊すればもっと安く済んだのに...」
みたいな感じで反省してま~す。

 

これぐらい事細かにやるのがベストなんですが、最低でも
過去にどれだけ使ったか
あとどれぐらいお金を使えるか
これぐらいは目に見えるようにしておきましょう。


例えば月予算10万円で15日に残り3万円とかだったらヤベェってなるでしょ?
えっ?ならない?それはもうどうしようもないっスね

 

「記録なんかめんどくせぇ!」という方はデビットカードやプリペイドカードがオススメ


デビットカードなら銀行口座内の残額、プリペイドカードなら事前にチャージした金額以上は使えないので、使いすぎることはありません。

 

しかも使った金額と残額はパソコンやスマホでチェックできます。これはジャパンネット銀行のアプリの画面です。

段々と減っていく残高を見ればムダなものを買おうとしてもブレーキがかかりますよね。
えっ?かからない?それはもうどうしよう(ry

 

デビットカードやプリペイドカードについては過去に記事を書いておりますのでご参考までに。

www.ikanosuminaga.com

 

www.ikanosuminaga.com

 

カードや電子マネーが使えない場所があるという不安はとても分かる

これはよく分かります。現金オンリーの場所って結構ありますからね。


私がよく現金を使うのは
・コインランドリー
・ダイソーとかの100円ショップ
・動物園などの入園料
・多摩動物公園の自販機
・吉野家
こんな感じですね。書き出してみるとキャッシュレス生活をしている私でも意外に現金を使ってます。まあ仕方ないじゃん、現金しか使えないんだから。

 

時代はキャッシュレスだと言いつつも、私もかさばらない程度にお札と小銭を持ち歩いてますし、災害が起きたときのために、家にいくらか現金を置いています。

 

まとめ

日本はキャッシュレス化が遅れていると言っても、キャッシュレスで支払えるお店が少ないわけではありません。

 

しかも最近はデビットカードやプリペイドカードなど審査不要で誰でも持てるカードも増えて、キャッシュレス生活へのハードルは格段に低くなっています。

 

さあ、あなたもこの記事を読んで、お得なキャッシュレス生活を始めましょう! 

www.ikanosuminaga.com