わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

Kyashの2%キャッシュバックがスタート!改悪したLINE Pay難民の救世主!?

6月に入ってLINE Payカードの利用特典が改悪されてしまいました。

www.ikanosuminaga.com

 

私もLINE Payを愛用していた人間なので、この改悪は非常に残念なものでした。

ということでLINE Payカードからの乗り換え先を探していると、Twitterでこんなツイートが流れてきました。

KyashというウォレットアプリがVISAのプリペイドカードを発行し、しかも利用額の2%をキャッシュバックしてくれるというもの。

 

うおおおお、LINE Payの改悪のタイミングを狙ったかのようなリリース。

 

これまで「Kyash」というサービス自体を知らなかった私ですが、キャッシュレス&ポイント還元の探求者としては無視できないニュースだったのでさっそく詳細を調べてみました。

 

 

ウォレットアプリ「Kyash」とは?

 

Kyash - ウォレットアプリ
Kyash - ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

 

Kyashとは最近よくある割り勘がラクになるよ的なウォレットアプリです。

 

こんな感じでユーザーはまずKyash内にクレジットカードやコンビニ払いを通してお金をチャージ。

そのお金を別のKyashユーザーとの間でやりとりできるサービスです。

 

「そんなの現金でいいじゃん」と思った方は正直言ってちょっと時代遅れ

 

例えば10人の飲み会で合計36560円だったとき、割り勘すると1人3656円です。
ここまで端数が出ると、お釣りの受け渡しが大変ですよね。

 

これがKyashだと幹事のアカウントを指定して「3656円」と入力して送金するだけで割り勘完了。
自分がチャージした金額から3656円が引かれ、幹事のアカウントに送金されます。

 

またKyashユーザーには「バーチャルVISAカード」と呼ばれるネットショッピングで使える16桁の番号が付与されます。

ぼかしてある部分が16桁の番号です。

 

AmazonなどのVISAカード対応のネットショップでその番号をクレジットカード番号入力欄に入力すると、チャージした金額内でお買い物をすることができます。

 

Kyashのリアルカードの発行&2%の高還元率キャッシュバック

そして今回、実体のあるプラスチックのカード(以下リアルカード)が発行されることによって、Kyash内の残高がネットショッピングだけでなく

 

スーパーやコンビニなどのVISAのマークがついた日本国内の実店舗でも使えるようになったわけです。

 

そしてここからが重要!

6/7以降、バーチャルカード、リアルカードどちらで支払ったとしても、支払い金額の2%がキャッシュバックされるようになり、Twitterのトレンドに上がるほどドッタンバッタン大騒ぎになってるわけです。

 

この2%キャッシュバックはLINE Payの改悪で途方に暮れていたユーザーを完全に狙ってますね。

 

早速私も申し込みましたよ。

 

注意点

しかしながらこのKyashにはちょいと注意点がございまする。

 

改悪前のLINE Payでは決済金額がどれだけ高額でも100円につき2ポイントが付与されていました。要するに100万円するMac Proを買ったら20000ポイントももらえたわけです。

 

しかしながらKyashには1日や1ヶ月で決済できる金額に限度がありまして

support.kyash.co

 

・1日での決済限度額が3万円以下
・1ヶ月での決済限度額が12万円以下
という制限があります。

 

要するにこのカードじゃでっかい買い物はできねぇよということです。


LINE Payと比べるとちょっと不自由さがありますね。スーパーやコンビニでの少額決済でガンガン使ってねというメッセージが伝わってきます。

 

2%キャッシュバックはかなりの高還元率なので、「高い買い物をしてガッツリポイントゲットしてやるぜ」という人の対策をしているという意味もあるんでしょう。おそらく。

 

しかしながら普段のお買い物が2%還元されるというだけでもかなりお得です。

 

夏にはGoogle Pay、QuicPayに対応予定

今夏以降、KyashがGoogle Pay、QuicPayでの支払いに対応するようです。

www.paymentnavi.com

Felica(おサイフケータイ)対応のAndroid端末という条件になるとは思いますが、カードを取り出さなくても

 

QuicPayに店舗が対応していればスマホをタッチするだけで決済できるようになるわけですな。

 

ん~スマートでいいね!

 

まとめ

この2%還元がいつまで続くかは分かりませんが、とりあえずLINE Payの乗り換え先としてはオススメですね。

 

少なくともポイント還元制度が不透明になったLINE PayよりもKyashを使うほうが断然いいのは確か。

 

2%じゃなくても1.5%キャッシュバックでも十分インパクトあると思うんですが...太っ腹ですね。

 

ただ上にも書いた通り決済額の上限が厳しめなので、用途は生活費の決済に限定されるでしょう。

 

1週間後にはリアルカードが届くので楽しみです。Kyashの全体的な使い方についてはまたそのときに記事にしようかな。

 

2018/6/7追記 カード有効期限内の利用限度額について

重要なところを見落としていたようです。

こちらの現金いらずさんのツイートを見て、重要なところを見落としていたことに気づきました。

kyash.co

※ Kyash(カード)の利用上限:月間12万円以下、有効期間内100万円以下の支払

(資金決済法に基づく表示から引用)

これを見る限り、どうも5年間のリアルカードの有効期限内に100万円までしか決済ができないようです。

 

 

が、しかし上限額100万円に近づくと、運営からお知らせが届き、リアルカードを更新することで継続して使うことができるようです。

support.kyash.co

なお、Kyash Visaカードの有効期限は5年、Kyash Visaカードの期限内の利用上限は100万円となっております。利用上限が100万円を超えてもKyash Visaカードを更新することで継続してご利用頂けます。上限が近くなったお客さまには弊社よりご案内を差し上げます。

(ご利用限度について から引用)

 

 

 

 

2018/6/17追記 Kyashリアルカード到着

リアルカードが届きました。早速レビュー

www.ikanosuminaga.com