わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

池袋のサンシャイン水族館でPPPの年間パスポートを手に入れた&ざっと見学

なんやかんやで台東区にセンプク中のイカのすみながです。

 

Twitter見てたらこんなツイートが流れてきました。

 

田舎からはるばるやってきたんだから行くしかないだろう

 

ということでやってきましたサンシャイィィィイィーン水族館。

 

 

サンシャイン水族館のPPP限定デザイン年間パスポートをGET

まずはPPP限定デザインの年間パスポートをゲットだぜ

 

通常の入場券を買う窓口で

「年間パスポート買うぜぇ~」

って受付のおねえさんに伝えてお支払い。クレジットカードも使えます。

値段は大人で4400円です。2回行けば元が取れるのでなかなか良心的。

 

その後、住所や名前を書く申込書を記入して顔写真の撮影。

撮った顔写真はパスポートの裏に印刷されます。

 

ここまで約10分弱。そして

「ぺぱぷ げんていでざいん の ねんかんパスポート を てにいれた▼」

数量限定だそうなので、フレンズのみんなはお早めに

 

急ぎ足でサンシャイン水族館を見学

この時点で午後7時。閉館が9時なので急ぎ足で見学することになりました。

ま、年間パスポートがあるし、また土曜日あたりに行こーっと。

 

1F「大海の旅」

海に住んでいる生き物の展示ゾーンです

東京都心にいるとは思えない風景ですね。

 

クラゲが飼育されている水槽がトンネルみたいになっていました。

1匹だけを写真に撮ると上の画像のように幻想的ですが、かなりの量がいたので、なんというか....。

  

マンボウです。かなりの大型でした。

体をタテにまっすぐした状態で泳いでいるイメージがありますが、体を左右に倒しながら優雅に泳いでいました。

 

いきものトーク「もっと知りたい コツメカワウソ」

運良く「いきものトーク」という、実際に世話をしているサンシャイン水族館の飼育員さんのお話を聞けることに。

 

今日のテーマは「もっと知りたい コツメカワウソ」わーい、たーのしー!

 

コツメカワウソの特徴

最初はコツメカワウソの身体的な特徴の説明(写真ヘタですまんの)

 

コツメカワウソの大きさは2.5kgぐらいの小型のものから、6kgぐらいある大型のものまで個体差があるそうです。

 

生息地域によって大きさが変わってくるんじゃないかな〜と言われているらしいんですが、確実にそうとはまだ言えないようです。

 

コツメカワウソを横から見ると目、鼻、耳が水面とほぼ平行についていて、水面でも呼吸ができます。

 

多摩動物公園や上野動物園でもコツメカワウソを見たことがあるんですが、どちらとも水面に入っている様子は見れなかったので、ぜひ見てみたいところ

ちなみにこちらは多摩動物公園のコツメカワウソです。(2018/1/2撮影)

 

歯(というか牙)がありエサをしっかり噛んで食べます。

 

もちろん薬も同様に噛んでしまうため、苦い薬はすぐに吐き出してしまうそうです。

薬とエサを混ぜて飲ませて、その中の苦い薬に気づいたら二度とそのエサを食べなくなる恐れがあるので、人間の甘い小児用シロップのようなものを飲ませることが多いとか。

 

コツメカワウソのエサ

エサは魚やカエルなど野生のコツメカワウソが食べてるものに加えて、栄養バランスを考えてネコ用のペレット(要はキャットフード)をあげているそうです。

 

ドッグフードでも問題ないそうなんですが

 

「ネコもコツメカワウソも、どっちも魚食うから犬用のエサよりもネコ用のほうがよくね?」


ぐらいの結構ざっくりした考え方でキャットフードを選んでいるそうです。
(あとネコもカワウソも腎臓だったか肝臓だったかの病気になりやすいって言ってたけど詳細は忘れた)

 

コツメカワウソの減少

コツメカワウソの毛皮目当てやペットとして売るために乱獲されていたり、湿地の減少で生息できる地域が減少していることで個体数が減ってきているようです。

 

ぱびりおんを見ればよく分かりますね。

 

ネットではペットとして簡単に飼えると書いてあるサイトもあるようですが、そういうことはなく

 

飼育員さんでも「くさい」という超直接的な言葉で表すぐらいニオイがキツイそうです。

 

カワウソを肩に乗せた日、家に帰ると家族から
「今日カワウソ乗せたでしょ?」
って言われるぐらいらしいので相当なものなんでしょうね。

 

安易に飼うのはノーですね。

 

こんな感じの話を2~30分ぐらいでわかりやすく説明してくれます。

 

これ毎日やってくれるのかな?ちょっとよくわかんないけど。

 

屋外展示エリア

ケープペンギン

夜なのでほとんど見えませんでしたがケープペンギンがいました。

 

午後8時半ぐらいだったのでもうお休みの時間のようでした。

 

この1匹を除いては

エサと思ってるのか、ただ遊んでるだけなのか知りませんが電飾を突っついてました。

 

コツメカワウソ

もうお休みのようです。撮影する際はフラッシュやAF補助光が光らないようにご注意を。

 

カリフォルニアアシカ

カリフォルニアアシカのコラボパネルを発見。もう7枚あるそうですが、すべては見つけきりませんでした。

 

残念ながら夜遅いためか、もう水槽の中にはいませんでした。

 

と思ったら

寝てました。

まとめ

そもそも2時間弱ぐらいしか時間のない中で見て回ったので、もの足りない感がありますが

 

まあいいや年間パスポートあるし。

 

限定デザインの年間パスポートは数量限定なので欲しい人はサンシャイン水族館に急げ!

 

2回入ればもとが取れるので普通にお得ですよ。