わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

新生銀行のATM手数料無料が10月で終了するらしい&GAICAのレビュー

コンビニATMの手数料がいつでも誰でも無料で最強だった新生銀行ですが

 

残念ながら今年の10月に有料になってしまうようです。

www.itmedia.co.jp

 

新生銀行の意向の通り、私はもうほとんど現金を使わない生活になっているので、そこまで大きな影響はないんですが

 

いざ現金を引き出そうとしたときに、手数料がかかると気分的には損した感じになりますね。

 

今回は手数料が有料になってしまう条件や、上のITメディアの記事に出てきた「GAICA」ってなんなのかを解説していきます。

 

 

コンビニATMの手数料が無料にならない人

新生銀行には預金残高や外貨預金、投資信託などの利用状況によって

 

プラチナ、ゴールド、スタンダードに会員のステージが分けられます。

www.shinseibank.com

 

今後ATMの出金手数料が有料になるのは、新生スタンダードの利用者です。

 

スタンダードからのステージアップの条件はこのサイトに書いてある通り、いろいろとありますが

www.shinseibank.com

現実的なのは月5000円からの投資信託の積立ですね。

ATMの手数料をタダにするためだけに投資信託を始める価値があるかは、人それぞれといったところですが...

 

資産運用などをせず、直近の生活費の出し入れをする程度の利用者だとATM有料化の対象になってしまいます。

 

お金持ちの方なら預け入れ資産200万円以上など、他の条件でもステージアップできるでしょうけど、なかなか庶民には厳しいところ。

 

有料になると1回の出金で一律108円必要になります。

これ以上の手数料がかかる銀行もあるので、良心的といえばそうなんですが、やはり痛い出費になりますね。

 

GAICAのチャージ金額によってはATM手数料無料になるかも

新生銀行のグループ会社が発行している「GAICA」というプリペイド式のカードがあるんですが

www.gaica.jp

 

ATM手数料が有料化した際に、このカードへのチャージ額によって会員ランクを上げることができるようになるようです。

 

しかし現時点では、具体的にいくらチャージすればステージアップするのかよく分からないので、今のところはなんとも評価しづらいところです。

 

GAICAを使ってみた

実は私、既にGAICAを作っております。
1回だけ使ってお蔵入りさせてたんですけどね。

 

せっかく持っているのでざっとGAICAのレビューをしていきます。

 

GAICAとは

GAICAとは上にも書いた通り、お金をチャージしてチャージした金額の範囲内で使えるカードです。

 

新生銀行の口座から24時間いつでもインターネットでチャージできます。

 

VISAのマークが付いていますが、クレジットカードではないので、発行の審査は不要。誰でも作ることができます。
もちろんVISAのマークがあるお店であれば国内でも海外でもどこでも使えます。ネットショッピングもOK

 

しかも海外のATMでこのカードを使えば、現地通貨を引き出すこともできます。両替のために空港で列に並ぶ必要もありません。

 

またカード内の残高は、無料で新生銀行の口座に戻すこともできます。

 

実際にGAICAにチャージしてみた

申込をしてカードが届いたら、アクティベートが必要です。
それはカードと一緒に届く説明書を見ればカンタンなので、ここでは省きます。

 

まずはチャージ。今回は日本円で1000円をGAICAにチャージします。

会員ページでチャージできます。

チャージすると即座に指定した金額がGAICAにチャージされ、新生銀行の口座から引き落としされます。

 

これで1000円分の買い物や外貨の引き出しができるようになったわけですな。

 

GAICAを使ってみた

残念ながら今海外に行くほどのお金はないので、近所のコンビニで実験。

 

クレジットカードを使うときと同じように、店員にカードを渡します。

支払う時に「クレジットカードで支払います」と言うのがポイント

 

 

「GAICAで払います」とか「プリペイドカードで払います」と言うとかえって店員さんを混乱させることになります。

 

もちろん実際はクレジットカードではないので、事前にチャージした金額から利用した分だけ引かれます。

 

この通り買えました。

 

レシートにもGAICAのカード番号が表示されています。

 

カードを利用すると、確認のメールが届くので安心ですね。

 


カード自体を端末にタッチして支払うVISA payWaveにも対応しているので、対応しているお店であれば店員にカードを渡すことなく決済ができます。

 

日本だとまだまだVISA payWaveに対応しているお店は少ないですが、海外だとかなり普及しているようですね。

 

残高を新生銀行に戻す

カード内の残高は新生銀行の口座に戻すこともできます。

 

これも会員ページからできます。

払い戻しから新生銀行に戻したい金額を入力して確認を押すだけ。

手数料も不要です。

 

海外旅行に便利な優待サービス付き

GAICAを持ってるだけで海外旅行をするときに便利な割引サービスが受けられるようですよ。

www.gaica.jp

いろいろとありますが、注目したいのはレンタルWiFi。
データ通信用端末が15%引きで借りられるみたいですね。

 

海外旅行にネットは必須ですから割引料金で借りられるのはいいね!

 

GAICAの入会費や年会費がかからないのに便利なサービスがついてくるのは素晴らしいです。

 

まとめ

現時点ではGAICAにいくらチャージすれば会員ランクを上げられるかという案内がないため、ATM手数料の有料化についてはなんとも言えません。

 

どこのコンビニでも、いつでも、誰でも出金手数料無料というのはやはり他の銀行にはない魅力だっただけにちょっと残念です。

 

 

しかしながら

・他行への振込でも振込手数料が月1回無料

・海外旅行で使えるGAICAを無料で発行できる

など、まだ便利な部分はあるので持っておいて損はない銀行口座かと思います。