わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

コンビニオーナーになるぐらいならブログ書いてたほうが儲かるよ

以前、約1年間ファミリーマート店員(トレーニング中)をやっとりましたイカのすみながです。

 

Twitter見てたら驚くべきツイートが流れてきました。

 

こちらがそのローソンの採用ページ

www.lawson.co.jp

 

これだけネット上にコンビニオーナーの悲惨な現状が書かれているにも関わらず、次は新卒の学生がターゲットですか....

 

新卒でコンビニオーナーというハイリスクな仕事につくよりも、ブログ書いてたほうがよっぽどローリスクでチャンスがありますよ。

 

今回は、コンビニオーナーにならないほうがいい4つの理由と

コンビニオーナーやるぐらいならブログ書いてたほうがいい3つの理由を

ご説明します。

 

 

コンビニオーナーにならないほうがいい4つの理由

初期投資&維持費&不利な契約が必要

ローソンの新卒オーナー採用だと初期投資にかかるお金が免除されるようですが、基本的にコンビニオーナーには最初にまとまった金額が必要になります。

 

開店したあとも、光熱費や人件費などお店を運営していくうえでもお金が必要です。

 

しかも独立した事業者と言いながら、オーナーはコンビニ本部と奴隷契約と呼ばれるぐらい不利な条件での契約をしないといけません。

「コンビニ会計」とか「ドミナント方式」とかで検索するといろいろ出てきますよ。こちらの記事が参考になります。

biz-journal.jp

 

要するに店をはじめる時点で相当なリスクを背負うことになります。


これだけハイリスクなのにオーナーの年収は200万円台。そんな話がネットを探せばゴロゴロ出てきます。

 

気軽にはじめられるものではありませんね。

 

店頭に並べる商品は決まっている

店頭に並べることのできる商品は、発注する端末に表示されたもののみで


自分が売りたい商品を勝手に販売することはできませんし
ましてや自分で商品を開発して販売ということもできません。

 

特におにぎりやお弁当、スイーツなどは本部が開発したものを入荷し販売することになります。


それらの商品に人気が出ればいいですが、評判が芳しくなかったら、自分が開発したわけでもないのに、不人気な商品をムダに入荷&廃棄することになります。

 

本部の目があるので、オーナー自身が
「これ売れそうにないから入荷しない」とか
忖度弁当のように前評判が良くないから入荷しない」
ってこともできませんからね。

 

カンタンに言えばオーナーに裁量権などほとんどないということです。

 

こんな一国一城の主になりたいですか?

 

ノルマあり&24時間営業

恵方巻、うな丼、お中元ギフト、クリスマスケーキなどなど
どういう風に本部からオーナーに指示が出るのかは知りませんが、やはり加盟店ごとにノルマがあるようです。

 

幸い私がバイトをしていたコンビニでは従業員に強制的な買い取りをせまることはありませんでした。
が、しかしそのしわ寄せは店長に行くわけです。

 

店長が季節物の商品を大量に購入していたところを見ると
「コンビニ業界の深い闇」
を垣間見た気がします。

 

そしてコンビニは基本的に24時間営業を強いられます。


雨が降ろうと、風が吹こうと、自分の体調が悪かろうと
ほとんどの店舗では24時間営業することを強制されます。

 

こんな風に雪がどっさり積もったとしても本部は営業を強制してくるわけです。地獄ですね。

news.nicovideo.jp

 

失敗すれば借金地獄になるかも

10年から15年という長期に渡るコンビニ本部との契約期間中に、契約解除をすると多額の違約金が取られます。


しかもコンビニ運営にあたって借金をしていればそれも返さないといけません。

 

自己破産をすればお金も社会的信用もなくなります。

 

ハイリスクなのにローリターン、下手をすればマイナス。う~んコンビニオーナーになるメリットが見当たらないですね。

 

オーナーになるぐらいならブログ書いてたほうがいい3つの理由

初期投資はほぼゼロ、維持費もほんのチョット

ブログを始めるにあたって初期投資はほぼゼロです。

 

用意するのはWindowsかMacのパソコン1台とインターネット回線だけ。

 

この記事を読んでくれているあなたはもう「インターネット回線」はクリアしています。

 

あとはパソコンをお持ちでない方はパソコンを用意しましょう。10万円も20万円もするパソコンじゃなくても、3〜5万円台ぐらいの中古パソコンで十分です。

 

中古パソコンといえば、私も記事を書いておりますのでご参考までに。

ikanosuminaga.hatenablog.com

 

たったこれだけでブログを始めるための道具は揃うわけです。

 

ちなみにAndroidやiOS端末でも一応ブログを書くことはできますが、写真や動画を載せたり、細かい設定をしたりすることが難しい、もしくは出来ないのでマジでブログを始める方はパソコンでやりましょう。

 

ブログの維持費といえば

・有料のブログサービス 月々数百円から千円程度

・独自ドメイン 年間で数百円から数千円程度

この2つぐらいです。トータルで月1~2000円ぐらいですね。

 

あとは正しい方向に地道に努力していけば、ほぼノーリスクで収入を得ることができるわけです。


数万円?十数万円?あるいはもっと? それはあなたの努力次第。

 

もちろんサボってると収入にはつながりません。

 

商品は自由

自分のブログに並べる商品(=記事)は自由。

 

ブログネタをどこから仕入れてきてもオッケー
どんな記事を書いてもオッケー
どんな店舗(=ブログのデザイン)にしてもオッケー

 

自分のブログをどのように運営していくかはすべて自分で決めることができます。

 

しかしブログの運営方法は自由ですが、読んでもらえなければ収入にはつながりません。
ーどんな記事が読まれるのか
ーどんなキーワードに需要があるのか
などなど、こういったことは自分で調べなければなりません。

 

私がブログを始めるきっかけになったnoteを紹介しときます。

note.mu


有料ですが、読まれる記事がどんなものなのか、需要のあるキーワードの探し方など初心者にもわかりやすく説明してくれています。

 

ノルマや営業時間はなし

「節分になったから恵方巻の記事10本書け〜!」
なんて誰も言いません。


10本書きたいなら10本書けばいいし、100本書きたいなら100本書けばいいわけです。書く記事の量の裁量権は自分にあります。

 

そしてブログには決まった営業時間(労働時間)はありません。


「今日は元気マンマン!10本記事書くぞ」という日があっても
「風邪引いた。今日のブログ更新はお休みです」という日があってもオッケー。

 

自分の体調や気分にあわせて営業(労働)することができます。

 

もちろん記事を10本書く人と100本書く人じゃ、ブログ全体の成長や収入には差がつくでしょうけどね。

 

失敗した場合の損失がほぼゼロ

ブログは根気よく続けないと成果が出ないものですが


「どうしても自分に合わない!」
「もうやりたくない!」


と思って撤退したとしても、損失はほぼゼロ。少なくとも途中でやめたから数百万円払えってことにはなりません。

 

損失といえば
・ブログサービスに払ったお金
・独自ドメインに払ったお金
ぐらいですかね。例えば1年間ブログに挑戦して、「やっぱりや~めた」となっても、損失は高くて1〜2万円ってとこです。

 

「文章でお金を稼ぐのは自分には合わない」ってそれだけの損失でわかるのならいい収穫じゃないですか。

 

まとめ

ということで、新卒オーナーになろうとしている方

 

これでもハイリスクなコンビニオーナーになって、本部の奴隷になって、24時間働いて年収200万円台になりたいですか?

 

そうなるぐらいならローリスクでブログ書いてたほうがチャンスをつかめる可能性は高いと思いますよ。上の方でも書きましたが失敗しても損失は1~2万円ですみます。

 

とここまでディスってきましたが、私はコンビニ大好きですよ。やっぱり便利だし。

別にコンビニ自体を否定するわけでも、オーナーを否定するわけでもありません。

 

ただコンビニが悪い方向に成長していっているのがダメなだけです。

 

・共食い状態になるほどのコンビニの店舗数
・コンビニオーナーと本部の力関係


などなど、現状ではコンビニ業界の闇が深すぎです。

 

そろそろ国が首を突っ込んでもいいんじゃないですかね。明らかにヘンな方向に向かってます。