わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

格安SIMを2年間スマホで使った人がデメリットを教えるけど、デメリットを感じる人はいないと思う。

格安SIMをかれこれ2年間使い続けているイカのすみながです。


高校生のころは家族がドコモだからドコモを使っていたんですが、今はその輪から抜けて格安SIMをつかってます。

 

最近は大手キャリアから格安SIMに移行する人も数年前と比べて増えたようですが、まだまだ切り替えてないって人も多いでしょう。

 

「移行するのがめんどくさいから、そのままでいいや」っていう理由で変えてない人もいるんでしょうけど

 

「格安なんだからデメリットがありそう」

という理由で格安SIMに移行するのをためらっている人、結構いるんじゃないですか?

 

今回はそういう方のために、2年間格安SIMを使ってきたこの私が格安SIMのデメリットをお教えしましょう。

 

といっても紹介するデメリットを感じる人はほとんどいないと思いますけどね。

 

ちなみに私がこれまで使ってきた格安SIMは

・0SIM by So-net(現nuroモバイル)

・FREETEL

 

そして現在利用中なのが

・BIGLOBE

でございます。

 

 

格安SIMの4つのデメリット

その1 格安SIMの電話料金が高い

格安SIMに移行するときにまず気をつけなければいけないのが電話料金です。

 

大手キャリアだと電話し放題プランがあり、電話料金を安く抑えることができますが

 

格安SIM業者ではほとんどの業者で通話料が

30秒ごとに20円(税別)

というかなりお高めの料金設定になっています。

 

先々月、私が引っ越しをしたときに

まあいろんなところに電話をかけたわけなんですが、その電話料金が

なんと1470円

単純に計算して30分以上電話したわけですな。

もちろん定額ではないので、仮にもっと電話をしていたとしたら、まだまだ高くなっていきます。

 

これが格安SIMに移行した場合のデメリットの一つ!

 

だったんですが、最近は格安SIMでも各社が提供する通話アプリを通して発信をすることで通話料金を安くすることができるようになっています。

 

例えば私が現在使っているBIGLOBEなら

support.biglobe.ne.jp

 

BIGLOBEでんわ
BIGLOBEでんわ
開発元:BIGLOBE Inc.
無料
posted withアプリーチ
このアプリを通して発信するだけで通常20円/30秒の通話料が
9円/30秒になります。ほぼ半額ですね。
 
(ちなみに私が引っ越し関係の連絡で電話をかけたときは、このアプリを通し忘れてました。)
 
 
また電話をよく使うユーザー向けに定額のプランもあります。
例えば

・月々830円(税別)で90分の通話

・月々830円(税別)で1回10分の通話ならかけ放題

など、格安SIMに移行したとしても電話がしやすいようになっています。

 

ここでは一例としてBIGLOBEの格安SIMの通話料金について書きましたが、業者ごとにさまざまな通話プランがあるので乗り換え検討中の方は通話料金のプランも比較してみましょう。

 

通話料金の高さは格安SIMの大きなデメリットでしたが、これも解消されつつあります。

 

まあそもそも電話番号を通しての通話ってほとんどしなくなりましたよね。

引っ越しをした5月だけは、かなり通話料金がかかっていますが

 

普段はこんな感じで、月に1~2回電話するぐらいです。

しかも、この0180から始まる番号は遊戯王VRAINSのプレゼント企画への応募の電話ですからね。

 

自分の通話履歴を見て、月に数回しか電話してないな~って方は、格安SIMに変えてもこのデメリットを感じることはありません。

 

もちろんLINEやSkypeでの通話では、ここに書いた通話料金は発生しませんのでご安心を。

 

 

その2 格安SIMの通信速度の不安

これは格安SIMを使う上で最大のデメリットです。


大手キャリアならいつでも高速なネット通信が使えるんですが

 

格安SIMだと

「契約した時はすごく速かったのに、最近は遅くなっちゃった」

ってことが起こる場合があります。

 

このいい例がFREETELの格安SIMです。


私が契約した2016年3月ごろは、爆速とは言わないまでも十分な通信速度が出ていました。YouTubeも720pのHD画質で見れたぐらいです。


それがFREETELを解約した2017年11月ごろにはGoogleマップすら開くことができないぐらいの激遅回線になってしまいました。

 

YouTubeも最低画質でなんとか再生できるかなぐらいでした。

私が解約した直後に倒産したんですけどね。

 

詳しいことはここに書いてあるのでぜひご一読を

www.ikanosuminaga.com

 

で、そんな通信速度じゃ我慢ならんということで現在のBIGLOBEに乗り換えました。通信速度も十分に出ていて今は満足なんですが


BIGLOBEも今後どうなるか分かりません。今は朝昼晩いつでもYouTubeを480pで視聴できるほどの回線速度を維持していますが


将来的にBIGLOBEも速度低下してしまう可能性も十分にあるわけです。
もちろんBIGLOBEに限らず、ほかの格安SIMサービスも同様です。

 

私が今使っているBIGLOBEの格安SIMに関しては色々と記事を書いているので見ていってください。

www.ikanosuminaga.com

 

www.ikanosuminaga.com

 

www.ikanosuminaga.com

 

ちなみに2018年7月13日 午後12時半に軽くBIGLOBE SIMの速度測定をしてみました。

測定場所は関東地方のとある郊外の住宅街です。

どうぞご参考までに!

 

 

さすがにお昼時は下りがキツイですね。

YouTubeを再生してみましたが、240pでギリギリ再生可能といったところ。

上の画像だと見えづらいですが

再生中のところから、ちょっと先の部分までしか読み込めていません。

 

BIGLOBEに限らず格安SIM各社、ピーク時はこんな感じなので

「昼間や夕方の通信速度が遅い」

ということも格安SIMのデメリットの一つとして覚えておく必要がありますね。

 

ちなみにこの速度でも、ニュースサイトなどの文字ベースのページの読み込みは十分できます。

 

「昼間でも夕方でも外で高画質の動画を見たいんじゃ!」

って人は格安SIMはおすすめできませんね。でもそんなにお外でガンガン動画見ますか?

 

その3 支払いは基本的にクレジットカードのみ

格安SIMは一部例外を除いて基本的にクレジットカードがないと契約できません。

 

例外的に

・LINEモバイルならプリペイド式のLINE Pay カードが使える

・楽天モバイルなら楽天銀行のデビットカードが使える

などがありますが

 

基本はクレジットカードでのお支払いなので、クレジットカードを持ってないと格安SIMの選択肢が狭まります。

 

その4 直接聞ける窓口がない

大手キャリアなら全国にあるショップに行けば、なにか問題が起きたとしても直接対応してくれますが

 

格安SIM業者は基本的に実際の店舗をかまえていないので、ネット上で問い合わせるか、自力で解決しないといけません。

 

まあそもそも「なにか問題が起きる」ことなんてそうそうないですし、説明書もちゃんとついてくるので、これをデメリットと感じることはないんじゃないかな?

 

どうしてもという時はGoogle先生もいますからね。

 

まとめ

2年間格安SIMを使っていますが、これらのデメリットをデメリットとして感じることはほとんどありませんでした。

 

やはり安さというメリットのほうが大きいです。

 

大手キャリアだと下手したら月1万いきますからね。いくら大容量の通信がいつでも高速にできるといっても、それは出す気になりません。

 

確かに格安SIMだとデメリットその2で書いたとおり、通信速度が今は満足でも将来的に下がるかもという不安はあります。一度経験してますからね。

 

しかしながらやはり月2000円程度で済むというメリットは大きいです。

 

これらのデメリットを理解しつつ格安SIMを使っていけば、ほとんどストレスなく節約になるので、ぜひ一度大手キャリアから格安SIMへの以降を考えてみてください。