わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

楽天銀行を使うメリットが見当たらない件

7つの銀行口座を持つ男の久しぶりの銀行記事です。ちなみに第3弾。

 

今回は「楽天銀行」(旧イーバンク銀行)です。

私が初めて作ったネット銀行口座がここ。その時はまだイーバンク銀行でした。

 

当時はクレジットカードも持てないし、デビットカードもなかったので、ネット銀行はAmazonを使うのに必須でした。

 

イーバンク時代はATMの手数料が何回でも無料、口座維持費もなしという、使いやすさ最高の銀行だったんですが

 

楽天銀行になったあたりから改悪が進み、今ではほぼ使うことのない銀行口座になってしまいました。

 

そんな楽天銀行をちょろっとご紹介します。

 

 

ATM利用手数料無料の条件が厳しい

ATM利用の無料回数は会員ステージによって以下のように変わります。

(引用元:楽天スーパーポイントが貯まって使えるハッピープログラム|楽天銀行

 

利用料金が無料になるまでのハードルが高いですよね。

10万円預けてやっと月1回無料、50万で2回...300万預けてようやく7回です。

 

会員ステージを上げる方法は、預け入れ残高以外にもありますが

 

ローンを組んだり、宝くじを買ったりと、わざわざATM手数料のためにそこまでしないだろってものばかりです。

 

現在ではセブン銀行のように時間内であれば何回でも手数料無料というもの

 

新生銀行に関してはいつでも、コンビニATMならどれを使っても無料

 

このようなネット銀行があるなかで、あえて楽天銀行を選ぶ理由はありません。

 

仮に楽天銀行をメインバンクとして利用して、300万円以上を預けたとしてもATMの無料回数はたった7回です。

 

さすがにほんの数回しかATMが無料にならないというのは不便ですね。

 

ATMでの入金にすら手数料がかかる

さらにイヤなのが、ATMの利用回数は出金だけでなく、入金もカウントされるところです。(ただし3万円以上の入金は無料)

 

ただでさえATM利用の無料回数が少ないのに入金までカウントされるとなると不便です。

 

楽天銀行のアカウントに本人名義のゆうちょ銀行口座を登録すれば、インターネット上でそこから楽天銀行に何回でも無料で入金することはできます。

 

要するにこの図のようにゆうちょ銀行経由で入金すれば何回でも手数料無料で楽天銀行に入金できるということ。

 

しかし入金するのにわざわざゆうちょ銀行を通すのもめんどうですし、しかも即時入金じゃないので不便極まりないです。

 

振込手数料もそこまでお得じゃない

  同行間 他行間
楽天銀行 0円 3万円未満:165円
3万円以上:258円
ジャパンネット銀行 54円 3万円未満:172円
3万円以上:270円
セブン銀行 54円 216円
新生銀行 0円 308円

 

ざっと比べてみましたが振込手数料も高くはないけど、格安ゥというほどでもない感じですね。

 

それに振込ってそんなに頻繁にしますかね?

私の場合、振込と言えば家賃ぐらいですね。それ以外は基本カード決済です。

 

ちょっと前まで、ヤフオクは出品者、落札者の銀行振込でお金のやり取りをしていましたが

 

今はかんたん決済が主流です。もうすぐ出品者の口座へ直接銀行振込することは禁止になるそうですし。

【重要】安心安全なヤフオク!実現に向けたYahoo!かんたん決済の仕様変更について(再掲) -お知らせ - ヤフオク!

 

仮に振込手数料が格安でも、それは魅力とは言えませんね。

 

私が楽天銀行の口座を持つ理由

ほぼないです。

 

一応楽天カードの引き落とし口座に指定していますが、それって別に楽天銀行である必要性はないわけで...

 

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすると、普通預金の金利が2倍になったり、ポイントがもらえたりするそうですが

 

それも微々たるものです。

 

う~んどうしよう。かいやくしちゃう??