わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

自転車で長距離を走る時に持っておくべきアイテムリスト

前の土曜日にサイクリングで70 km 走ってきました、イカのすみながです。

最近ほとんど長距離のサイクリングをしてなかったので、体がなまっていました。さすがにきつかったですね。

 

しかしながらその日の夜飲んだストロングゼロが格別にうまかったのは言うまでもないです。

 

で、長距離を自転車で移動するとなるとそれなりの準備が必要になるわけですが

今回は長距離サイクリングをする時に持っておきたいアイテムをご紹介します。

食料(カロリーメイト、えいようかん)

サイクリング前にしっかり食べてても、走っていれば腹が減ります。

 

都会のほうだと別でしょうけど、私の住んでる田舎ではどこにでもコンビニがあるわけではないのでちゃちゃっと食べられるものが絶対に必要です 。

 

ちゃちゃっと食べられるものの王道といえばやっぱりカロリーメイトです。

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個

 

1本100kcalの補給が可能。だいたい4~5km走行したときに消費するカロリー量です。

 

コンビニで買っちゃうと216円ぐらいしちゃうのでスーパーなりAmazonなりで買っておきましょう。

 

カロリーメイト以外にもこちらもおすすめ。えいようかんです。

井村屋 えいようかん 5本

井村屋 えいようかん 5本

 

カロリーメイトよりもお値段は若干お高めですが1本171kcal。練り羊羹でしっとりした感じなので、カロリーメイトのパサパサした感じがイヤな人にもおすすめ。

 

家に常備しておけば、災害のときも安心です。

 

スポーツドリンク

要するに水分です。夏だろうと冬だろうと走っていればノドが渇きます。

 

お茶が悪いわけではないんですが、ちゃんとスポーツ用に作られている飲み物のほうが体力回復につながりやすいです。

 

粉末を水で溶かすタイプのほうがおすすめ。

 

なぜなら

500mlペットボトルのスポーツドリンク 77円

1L用の粉末スポーツドリンク  79円(近所のスーパーでの価格)

 

粉末の方が経済的です。しかも保冷できるボトルに入れればいつでもヒエヒエ。

 

パンク応急処置スプレーと空気入れ

私は運が悪いんでしょうか。結構な確率でパンクします。

 

都会の方だとパンクしても修理屋さんに駆け込めばすぐ修理できるでしょうけど

もしこんなところでパンクしたらどうしましょ?

 

そんな時に使えるのがこれ。

パンクしたときに応急処置として使える修理用スプレーです 。

 

これで完全に修理ができるわけではありませんが、一応は回復します。

 

これに加えて、念のためポータブル空気入れも持っておくと更に安心。

パナレーサー 空気入れ ミニフロアポンプ  米式/英式/仏式バルブ対応 [フットステップ装備]  BFP-AMAS1

パナレーサー 空気入れ ミニフロアポンプ 米式/英式/仏式バルブ対応 [フットステップ装備] BFP-AMAS1

 

 

パンク修理セットとチューブを一式持っておくのが一番ですが、日本一周するぞ!って人以外は応急処置用のスプレーだけで十分ですね。

 

カットバン

転倒しないように注意して走行するのがベストですが、それでもたまーーーーにあるんですよね。

 

横長のものよりもこういう正方形の大きめサイズがオススメ。コケると派手にいきますからね。自転車は。

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 肌色タイプ ジャンボ[Sサイズ] 10枚

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 肌色タイプ ジャンボ[Sサイズ] 10枚

 

自販機かコンビニで水を買って、さっと傷口を流したあとに貼るようにしましょう。

 

ティッシュ

先週土曜日はこれ忘れて鼻水垂らしながら走りました。

 

冬場は風邪をひいてるわけでもないのに鼻水がでます。寒いですからね。

 

ポケットティッシュ2個ぐらいは持っておきましょう。

 

千円札と小銭

日常生活ではほとんどカードで支払ってるので小銭を持ち歩くことはないし、お札も野口さんを2~3人持っているぐらいなんですが

 

自転車で遠出をするときは必ず千円札5~6枚と小銭を両方持っていきます。

 

田舎だとコンビニも少ないですし、個人でやってる店は現金しか使えません。

いくらクレジットカードやら電子マネーやらを持っていても無意味です。

 

自動販売機も電子マネー非対応が多いのが田舎の現状です。

しかも肝心な時に限ってお札をうまいこと読み取ってくれないってこと多いんですよね。なんでだろ?

 

そして体調が悪くてどうしても電車など自転車以外の方法で帰るとなったときも、田舎の方ではSuicaとかPASMOとか使えません。現金のみです。

 

こういう時のためにも千円札や小銭は多めに持っておくのがベスト。

一万円札などの高額紙幣は使えないことがあります。特に自販機。ご注意を!

 

サイクルコンピューター(距離計、速度計)

ここまで走ってきた距離や現在の速度などが分かるサイクルコンピューターは

持っておくべきとまでは言いませんが

 

持っておくと

「前回は50km走ったから、今回は60km走ろう」とか

「あと3km走ったら休もう」とか

こんな感じでモチベーション維持ができます。

 

カロリー表示に対応しているものもあるので

「最近食べすぎてるから今日は1000kcal消費するまで走ろう」

っていう目標もいいですね。

 

Amazonなどで「サイクルコンピューター」で検索するといろいろ出てきます。

私が使っているのはユピテルのASG-10というものですが、もう製造はしてないのかな?ちょっとよく分かりません。とりあえずURLだけでも。

www.yupiteru.co.jp

 

まとめ

とりあえずこれだけ持ってれば困ることはありませんね。

あとはどれだけ疲れてても家に帰るぞ!という精神があれば完璧です。

 

みなさんのおすすめアイテムがあったら聞いてみたいですね。よかったらコメント欄に書いてください。