わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

Google純正メモアプリ「Google Keep」が良すぎてEvernoteから速攻で乗り換えた

「お金払ってまでEvernoteプレミアムって契約するのはどうなのか?」的な記事を今朝投稿したんですが

ikanosuminaga.hatenablog.com

その時にEvernoteプレミアムと比較した「Google Keep」が

 

ちょっと触っただけでわかるぐらい良すぎなアプリだったので

 

本日をもってEvernoteをやめて、Google Keepに乗り換えることにしました。

 

で、ぜひとも紹介したくなったので、使い方も合わせて説明するぞ。

 

 

Evernoteでできることは、だいたいGoogle Keepでできる

  Evernote ベーシック Evernote プレミアム Google Keep
利用料金 0円 5200円/年 0円
アップロード可能容量 60MB 10GB 無制限
文章だけのメモ
画像付きメモ
チェックリスト作成
リマインダー機能
名刺管理 × ×
OfficeやPDFのファイル内検索 × ×

こちらがざっくりとした各サービスの比較表ですが

 

少なくともEvernote ベーシックを使うぐらいなら、Google Keepに移行したほうが幸せになれますね。

Google Keepなら容量制限にビクビクする必要はないので、ガンガン画像つきでメモをとれます。

 

Evernoteプレミアムは名刺管理やOffice・PDF関係の機能のために契約するならアリといったところ。

 

Google Keepの使い方

パソコン編

パソコンからはウェブブラウザで利用可能です。

OSはWindowsでも、Macでも大丈夫。

ブラウザもGoogle Chromeに限らずMicrosoft EdgeでもFirefoxでもOKです。

要するにブラウザさえあれば他にソフトをインストールする必要はありません。

 

基本操作

開くとこんな画面が出ます。

「メモを入力...」のところをクリックしてメモしたいことを入力して右下の「完了」を押しましょう。これで自動的に保存され、各端末に同期されます。

 

画像を入れたい時は下にあるを押してPCに保存してある画像を挿入できます。複数枚でもOK。

 

でメモの背景色を変更できます。

実際の付せんの感覚で重要なのは赤、そうでもないのは青みたいに分けていくといいですね。

 

で、こんな感じで保存されていきます。メモは基本的に新しいものから上に表示されていきますが、マウスカーソルをメモの上に持ってくると出てくるをクリックすれば常に一番上に表示されます。

 

チェックリストの作成

買い物のときなどに便利なチェックリスト(やることリスト)も作成できます。

やり方は「メモを入力...」の右側にあるを押すだけ

こんな風にEvernoteと同様に作成できます。

 

手書きのメモを作成

手書きメモも、もちろん可能。

これも「メモを入力...」の右側をクリック。

基本はマウス操作で書きますが、パソコンがタッチパネルに対応していれば本当に手書きができます。

 

上のペンのアイコンでペンの太さや色などを変更できます。

ちなみにこの絵に関してはつっこまないでください。

 

リマインダーの追加

を押すとリマインダーを追加できます。

 

指定した時刻になったら通知するだけでなく、指定した場所に近づいたら通知するということもでき、同期されている端末すべてで通知されます。

 

ラベルの作成

メモが増えてくると管理が大変になるので、ラベル機能を使いましょう。

ラベルとは、まあフォルダーのようなものです。メモの内容によって分類していく形ですね。

まず左のメニューからラベルを作って

 

ラベルを付けたいメモをクリック

縦に3つ並んだ点をクリックして「ラベルを追加」をクリック

先程作ったラベルをメモに付けていきましょう。複数つけることもできます。

 

ラベルをつけ終わったら「完了」を押して、最初の画面に戻り左側のラベル名をクリックしてみましょう。

そのラベルがついているメモだけを表示させることができます。下の画像では「ごはん」というラベルがついたものだけを表示しています。

 

オフラインでも使うには

インターネットに接続していないときでもGoogle Keepでメモを取りたい時は

Google KeepのChromeアプリをインストールしましょう。

chrome.google.com

このアプリを使用するにはGoogle Chromeが必須です。

上のリンクを開いて「CHROMEに追加」を押してインストールしたら準備OK

 

スタートメニューを開いて「Chrome アプリ」の中の「Google Keep」をクリックするとオフラインでも使うことができます。

 

インターネットに接続されたら、オフラインの間に作成したメモが自動的に同期されます。

 

スマホ、タブレット編

 

Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

スマホやタブレットからはGoogle Keepのアプリをダウンロードして使用します。

Android端末なら最初から入っている場合が多いかな?

 

操作方法はパソコン版と変わりません。「クリック」が「タップ」になるだけです。

 

アプリ版限定の機能として「音声メモ」を使うことができます。

右下のアイコンをタップしてしゃべるだけ。

しかも音声を文字起こししてくれます。これは便利。

 

まとめ

長々と説明しましたが、まあそんなに難しくはないです。

 

触っていったらおいおい覚えていきます。

 

Evernoteベーシックを使ってた私からするとGoogle Keepでかなり快適になりそうです。