わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

JRの青春18きっぷでとある田舎町から東京に格安で旅行しようとしたお話

冬休みといえば、そう青春18きっぷですよ。

 

年に3回訪れる格安でJR在来線に乗り放題のチャンス!

 

今回はYahoo!オークションで残り1回分の青春18切符を4000円で落札。

 

これを使って東京まで行ってやるぜ!と思ったけど、結局京都で諦めたお話です。

 

ちなみに時点の下調べなど一切なし行けるかどうかわからない状態での青春18切符の旅です。

 

 

青春18きっぷのルート、電車の乗換などなど

山口県のとある駅を午前6時ごろ出発しました。

 

身バレはイヤなので(しないだろうけど)山口県の真ん中「新山口駅」からのルートをご紹介します。

 

ちなみに乗換回数は8回で、ほぼ半日電車に揺られていました。

駅名 出発/到着時刻
新山口駅 6:55
岩国駅 9:04
9:36
広島駅 10:20
10:35
白市駅 11:25
11:36
糸崎駅 12:08
12:17
福山駅 12:45
12:49
和気駅 14:22
14:43
相生駅 15:16
15:19
姫路駅 15:38
16:11
京都駅 17:45

 

「東京まで行ってやるぜ!」という意気込みだったんですが

 

残念ながら京都駅でギブアップ....約600kmの普通列車での旅でした。

 

京都駅であきらめた3つの理由

一つ、電車のダイヤを考えると確実に東京にはたどり着けない

兵庫県に入ったあたりで悟りました。

 

「東京までとか絶対無理っしょ」

 

兵庫県に突入したのは午後3時ごろ。出発から9時間、そして残り9時間と言うところでまだまだ中間地点にも到着していません。

 

ここまでの移動距離から単純に計算しても行けて名古屋のちょっと先まで

あと9時間で東京まで普通列車とか絶対無理。という結論に至りました。

 

この時点でもう新幹線や高速バスへの乗り換えを検討していましたね。

 

二つ、田舎で終電の時間になったら終わり

例えば名古屋でタイムアップ!なら名古屋駅周辺でネットカフェでも探せば、とりあえず寝床は確保できるんですが

 

万が一田舎の駅で終電を迎えたらどうでしょう。例えばこんな場所で

(画像は白市駅付近)

 

コンビニもなければ、宿もない。そこで夜を過ごすことになります。それも1月の寒さの中。

 

周りが住宅地だったら不審者と思われて警察に通報されるかも…

 

次の大きな都市まで行けないと判断したら、そこで18きっぷの旅は終了するのが吉です。

 

三つ、体力的に限界

別に自分が運転するわけでもないんですが、やっぱり朝からずっと電車の中に缶詰は苦痛です。

 

やることも特になく、ただただ乗ってるだけっていうのも疲れます。

 

で、一番大変なのが食事。

少しでも遠くに行くためには、どっかの駅で降りてゆっくり食事なんてことはできません。

 

その日は朝9時すぎに乗換駅のコンビニで買ったおにぎり2つ、その後姫路駅につくまではカロリーメイト1箱でやり過ごしました。

 

姫路駅ではさすがに限界だったので吉野家で牛丼を食べましたけどね。

 

在来線だけで長距離移動はカラダに毒です。やめたほうがいい。

 

(オススメしないけど)青春18きっぷで長距離移動をするなら

食事や電車の乗り換えの時間を考慮して念入りに計画を立てる

まず無計画に青春18きっぷで長距離移動をするのは無謀です。

 

特に目的地でホテルを取っている場合は、たどり着けずにキャンセルになって

無駄にキャンセル料を払う羽目になるかも

 

18きっぷで長距離移動をするなら事前に綿密な計画をしましょう。

 

もちろん

「Yahoo!乗換案内で出発地と目的地をいれて検索〜」

だけじゃダメ

 

食事の時間や休憩時間をしっかり考慮して余裕を持った計画を立てましょう。

 

早めにあきらめて高速バスや新幹線に乗り換える

ダイヤの乱れなどで計画通りに目的地にたどり着かないことも十分考えられます。

 

そんなときは早めに18きっぷでの旅行を諦めて高速バスや新幹線に乗り換えましょう。

 

例えばギリギリで

「やっぱり高速バスに乗り換えしよう」

としても

高速バスの予約が締め切られていたり、満席だったりで乗れない可能性があります。

高速バスの予約が取れたとしても、どの都市から出発するかによって金額が大きく変わります。

 

実際に私は兵庫に入ったあたりから高速バスを探し始めたんですが

 

-大阪から東京の便はすでに満席

-名古屋から東京は空席があるけども9000円とかなりの高額

-京都発なら4000円

 

ということが兵庫県に入ったあたりで分かったのでその場ですぐに予約して

京都から高速バスに乗りました。

 

ご決断はお早めに。

 

非常食を常備

18きっぷはすべて在来線なので、田舎のほうの駅で乗り換えってことが多々あります。

 

田舎の駅だと

 

駅に売店がない

近くにコンビニがない

 

とか普通です。

 

そんなときのために非常食は常備しておきましょう。

カロリーメイトがコンパクトでおすすめ。

 

まあ計画的に大きな駅でちゃんと食事をとっておくのが一番ですけどね。

あくまで非常時、どうしても何か食べたいとき用に持っときましょう。

 

まとめ

ま、結論からいうと旅行するなら早めに飛行機なり高速バスなり予約したほうがラクです。

 

今回山口県から東京まで

青春18きっぷ 4000円

高速バス 4000円

 

トータル8000円という激安価格で行けたわけですが

所要時間はなんと26時間

 

コストは激安ですが、パフォーマンスは最悪です。

 

青春18きっぷでの長距離移動はオススメしません。

 

でももうあと数年したら体力的にこんなこともできなくなるでしょうから、いい経験だったかな?

 

ちなみに東京では動物園めぐりをしてきました。こちらもあわせてご覧ください。

 

ikanosuminaga.hatenablog.com

 

 

ikanosuminaga.hatenablog.com

 

 

ikanosuminaga.hatenablog.com