わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

仮想通貨初心者が1ヶ月bitcoinやらを購入して学んだ3つのこと

Bitcoinやらで有名な仮想通貨に12月から参入したイカのすみながです。

 

2000円を仮想通貨に突っ込んで遊び始めてから約1ヶ月が経ちました。

 

1ヶ月目の結果発表!!

 

なんとプラマイゼロ!

 

こういうのは「勝つことよりも負けないことが大事なんだよ」ってどっかのサイトに書いてありました。だから実質俺の勝ち。

 

しかしながら、この2000円を現金にすると引き出し手数料が216円かかってしまうので実際は216円のマイナスです。ぐへぇ。

 

1000円近く利益を出してた時期もあったんですが、あれよあれよと損失を出して結果こんな形になりました。

 

まあ儲ける気もないんでいいんですけどね。

いいですよ...これで...

これでいいんです....(泣)

 

そんな仮想通貨1年生が最初の1ヶ月で学んだこと3つをご紹介しましょう。

 

 

極端なところで買う、売る

これは至極当たり前なことなんですが、

「ガッツリ下がったところで買う、ガッツリ上がったところで売る」

これが鉄則です。

 

こんな感じにガッツリ下がったら買う

 

こんな感じにガッツリ上がったら売る

ガッツリというところが大切

 

そしていちばん重要なのが

「微妙なところではなにもしない」

 

微妙なところというのはこんな感じ

上がってるわけでも、下がってるわけでもないところです。

こういう時は「なにもしない」のが重要

 

せっかく日本円入金したしなにか買って持っとくか~ポチ~

 

とか

 

(上の画像でいえば)ライトコインが微妙に下がってきてるから買っとくか~ポチ~

 

ってやると爆死します。

 

明らかに上がった、下がったところで売買しましょう。

 

急に下がり始めてもビビらない

仮想通貨はまだまだ不安定な通貨です。価値の乱高下は日常茶飯事、価値が急に上がることもあれば下がることもあります。

 

で、価格が急降下しはじめると、みるみるうちに今までの利益が減っていきます。

 

だからといってそこでビビッてはダメ

 

ビビって売るとこんな感じになります

画像を見てもらうとわかるようにもうすぐ底値ってところで売ってしまって

 

これまでの利益がパーン

売ってなければ今頃もうちょっと利益があったはず

 

一時期3000円弱あった純資産も2000円を切りましたからね。

 

何事もそうですが焦りは禁物です。

 

急上昇してどんどん資産が増えることもありますが、その逆ももちろんあるわけです。

 

っていっても焦るもんは焦りますよね。

 

「やったぜ2000円が3000円になったぜ!イェイ、イェイ」

 

ってしてたら急に

 

「Oh,Oh,ドンドンサガッテイクヨ」

 

ってなるんですもん。

そりゃ焦るさ。

仮想通貨に突っ込んだ金は戻ってこないと思え!

要するに余剰資金でやれ、余剰資金でやりましょう、余剰資金でやってくださいということです。

 

私が仮想通貨の相場の確認に費やすのは1日に5分程度です。

 

なぜなら2000円しか突っ込んでいないから。2000円なら別にどうなってもいい金額です。

 

仮に2000円損失を出したとしても、仮想通貨のお勉強代として考えられる金額です。

 

しかしこれが20万円とか200万円とかだったらどうでしょう。

 

24時間仮想通貨の相場の変動に縛られて生活をすることになります。

 

仕事中も

遊んでるときも

寝ているときも

 

損失が出ないか心配で心配で...朝も起きれません。朝は起きろ。

 

仮想通貨に縛られて生活するのは苦痛でしかないので、ドブに捨ててもいい金額でたしなむ程度に投資しましょうねってことです。

 

まとめ

この1ヶ月の総括としてはこんな感じですかね。

 

「ガッツリ儲けてやるぜ」

みたいなことを考えずにやるのが一番楽しい。

 

これからも

「100円儲けたぜ!うまい棒10本分ゲットじゃん!」

 

とか言いながら仮想通貨で遊んでいきます。