わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

仮想通貨をちょっと体験 ~bitflyerでbitcoin購入まで~

仮想通貨が流行ってますね。(結構前から流行ってたような...)
 
最近は仮想通貨のニュースもよく流れています
 
そんな仮想通貨に私もついに手を出してしまいました!
いや別に悪いことではないんだけれども...

と言っても
「ほんのちょっとお遊びでかじってみるぜ」ぐらいなので
 
がっつり儲けようとかそういうことは考えていません

「仮想通貨にそこまで興味があるわけではないけど、どんなものか気になる〜」
ぐらいの人に読んでいただけると幸いです。

仮想通貨とはなんぞや?

bitflyer.jp

細かく説明すると長くなるので、詳しくは上のリンクをチェック!

 

簡単に言えば

「世界共通の通貨」

を目指して作られた通貨です。

 

例えば日本円だと「硬貨」や「お札」などの実体のあるモノで自分がいくらの日本円を持っているかを表しますが

仮想通貨をいくら持っているかは、インターネット上の複数台のコンピューターに記録されるだけで、実体はありません。

だから「仮想」通貨なのです。

 

ちなみに仮想通貨というのは大きなくくりで仮想通貨には600ぐらいの種類があるそうです。

 

ビットフライヤーで取引できる仮想通貨は、その中でも主要なものといえるでしょう。

 

ビットフライヤー(bitflyer)に口座開設してみた

難しい話はさておき仮想通貨を買うための口座を「ビットフライヤー」に開設しました。

 

bitFlyer ウォレット - ビットコイン(仮想通貨)取引もかんたん
bitFlyer ウォレット - ビットコイン(仮想通貨)取引もかんたん
開発元:bitFlyer, Inc.
無料
posted with アプリーチ

やり方はいたって簡単、ビットフライヤーのアプリをダウンロードして指示にしたがって入力していくだけ。

 

途中に身分証明書(運転免許やパスポートなど)をスマホのカメラで撮影して送信する必要があるので、事前にご準備を。

 

私の場合だと

12/1 2:10に開設の申込みをして

12/1 9:11には取引可能になりました。

意外に口座の開設はカンタンでした。

 

bitcoinを購入してみよう!

今回は仮想通貨の中でもかなり有名な「bitcoinビットコイン)」を購入してみることに

 

ビットコインを購入するまでのステップをカンタンに説明すると

STEP1 ビットフライヤーで開設した口座に日本円を入金

STEP2 その日本円でビットコインを購入

なんとカンタン2ステップ!

 

仮想通貨と聞くとなんとなくハードルが高そうな感じがしますが、拍子抜けするぐらいカンタンに買えました。

 

STEP1 ビットフライヤーの口座に日本円を入金

口座に日本円を入金する方法は画像の通り

「銀行口座からお振込み」は自分の銀行口座からビットフライヤー指定の銀行口座に振り込む方法です。銀行所定の振込手数料がかかります。

 

開設した口座に反映されるまで「1営業日」とありますが、平日の朝に振り込めば昼前には反映されています。

 

ペイジーやコンビニ支払いなどの「クイック入金」は即時反映されますが、手数料が 324円かかります。

 

振込手数料無料の銀行を使っていて、急ぎでないなら「銀行口座からのお振込み」を選んだほうが手数料不要でオススメです。

 

とりあえず今回はお遊びなので日本円1000円を入金しました。

 

STEP2 その日本円でビットコインを購入

いよいよビットコインの購入です。

 

ホーム画面から「ビットコイン」をタップしましょう。

数量を入力しましょう。

現在だと1000円で0.0006ビットコインをゲットできます。

あとは「買う」→「注文確定する」の順でタップしていけば

話題のビットコインはあなたのもの!

 

ちなみに私が12月1日に買った約1000円分のビットコインは現在1200円ぐらいの価値になっています。やったぜ!

 

しかしながら暴落する可能性もありますからね。もしかしたら全くの無価値になるかも...

 

仮想通貨でできること

仮想通貨でいて何ができるのかと言えば、今のところほとんど何もできません。

 

できることといえばこんな感じかな?

 

ビックカメラなどでビットコインが支払いに使える

限られたごく一部の店だけですが日本のお店で仮想通貨を使うことができます。

 

代表的なのは「ビックカメラ」や「メガネスーパー」ですね。

「支払いはビットコインで!」

って言えば使えますよ。

 

ちなみに対応している仮想通貨は両方ともビットコインのみです。

 

そもそも日本はまだまだ現金払いが主流で、電子マネーやカード決済もそれほど普及していません。仮想通貨が街中で普通に使えるようになるのはまだまだ先の話でしょうね。

 

ビットコインで国際送金が格安に

カンタンな図でご説明しましょう。

雑な図ですいません。この図は

送金人が日本人

受取人がアメリカ人

日本円を送金してドルで受け取るまでの流れです。

 

・日本円をビットコインに変えるのにはかかっても324円(bitflyerの場合)

ビットコインをある人からある人へ送るのには0.0004BTC(現在の価値で約660円)

・BTCをドルに変えるのには、アメリカの取引所所定の手数料

 

要するに普通に銀行で日本円を海外の銀行に送金する場合は4~5000円取られるところを1000円+αで送金できるわけですな。

 

ビットコインVALUに投資できる

ユーチューバーのヒカルの騒動でも話題になりましたが、VALUに投資に使われるのはビットコインです。

valu.is

仮想通貨に投資して儲けることもできなくはない

仮想通貨も日本円や米国ドルのような通常の通貨と同じように価値が上下します。

 

日本円と仮想通貨の為替の変動を利用してFXと同じように儲けることもできなくはないです。

lightning.bitflyer.jp

もちろん大損するリスクも十分あります。「余剰資金で遊ぶ」ぐらいにしましょう。

 

特に「仮想通貨で絶対に儲かる!」みたいな罠にご注意を!

 

まとめ

現在、仮想通貨を持っているというだけでは生活が劇的に変化することはないでしょうし、持ってなくても困ることはないでしょう。

 

普段の生活に仮想通貨が浸透するのも日本ではまだまだ先でしょう。全く浸透しないかも...

 

しかしながらこういう新しい技術に触れてみるというのも悪くはないですよ

 

私のように試しに1000円だけ買って、

「やったー昨日買った1000円分のビットコインが今は1200円だぞー!」

「ぐへぇ~大☆暴☆落」

みたいに一喜一憂しつつ、仮想通貨の世界を覗いてみるのもおもしろいですよ。