わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

初心者でもできる「てきとーチャーハン」の作り方

今週のお題「得意料理」

今回ははてなブログの お題に挑戦です。

お題は「 得意料理」ということで私が週3ぐらいで作っている「我流てきとーチャーハン」を作っていきます。

ちなみに料理は苦手です。高校の家庭科は赤点ギリギリでした。

 

漢の料理なので基本的に適当です。

 

そもそも「チャーハン」は中国語。

「チャー」は炒める、「ハン」はご飯という意味です。

 

そう、ご飯を炒めさえすればチャーハンになるんです。

 

誰でも、家庭科の点数がどれだけ低くても作れるカンタン料理です。それではレッツゴー

 

ざいりょー

・ご飯 茶碗1杯分より若干多め

・玉ねぎ 半分

・たまご 2個

・ひき肉 70gぐらい

・にんにく 半分

・唐辛子 すきなだけ

・中濃ソース てきとー

 

作り方

動画もあるよ!


初心者でもできる「てきとーチャーハン」の作り方

 

まずご飯を炊くとき、水は規定量の2/3ぐらいにしましょう。

例えば、ご飯3合なら水は2合の線までにしましょう。

水が少なめじゃないとパラパラになりませんからね。

 

にんにくを皮をむいて粉々にしましょう。なんとか切りとか考えなくていいんです。

とにかく写真のような大きさになればそれでオッケー。

 

玉ねぎも粉々にしましょう。少し大きい物があっても大丈夫。食べてしまえばそんなのは分かりません。食えるものができさえすれば、見た目はそれほど気にする必要はないのです。

 

卵をときましょう。2個ぐらいがちょうどいいと思います。入れたかったらもっと入れてもいいかもね。

 

ご飯がまだ炊けなかったので

いっちょ ARMS!

基本はニンジャラしか使いません。たまにスプリングマン。

 

では料理に戻りましょう まずは油をひきましょう。もちろん量はだいたい。

 

ニンニクと玉ねぎを 同時に入れましょう。 入れる順番とかよくわからないので適当です。

 

たまねぎが茶色っぽい色に変わってきたら次はひき肉を入れましょう。

今回は鳥ひき肉を使いました。

なぜなら安かったからです。 安さこそ正義です。

 

炒めましょう。

 

炒めたものを一旦フライパンの周りに寄せて空洞を作りましょう。

空洞の中に溶いた卵を入れてその中である程度固まるまで混ぜます。

 

固まってきたら周りの具材と一緒に混ぜます。

 

「パチパチ」はじけるような音がしてきたらご飯を入れるタイミングです。

(上の動画でいえば2:20ごろ)

 

唐辛子は好きなだけ入れましょう。 辛いと食べるのが辛くなります。

「つらい」と「からい」は同じ漢字です。

 

ご飯と具材が混ざったら、中濃ソースをてきとーにいれてまた混ぜます。

そうしたら「とりあえず食べれるチャーハン」が 完成します。

 

唐辛子と中濃ソースが味付けの決め手

この料理数回作ってるんですがなかなか味が安定しません。

 

中濃ソースの量と唐辛子の量が味付けのポイントですね。

 

何回か作ってみて、自分にあういい具合の量を見つけてみてください。 

 

冬場は唐辛子をちょっと多めに入れて、体を温めるのもいいかもしれません。

入れすぎると 食べることが辛くなりますので

どうぞご注意を。

 

材料費もざっと計算したら150円ぐらいでした。

家庭科赤点ギリギリの人間でも 結構簡単に30分ぐらいで作れちゃうのでどうぞ皆さんお試しあれ。