わたしとSurfaceとSwitchと

ガジェット好きのガジェットブログ(になるはずだった)

Bluetooth ワイヤレスヘッドホン「Bluedio」がコスパ最強でおすすめ

最近Bluetoothのワイヤレスヘッドホンを買いました。

 

アパート住まいなので夜中の音には気をつけないといけないのです。

Amazonでなんと2499円という超お手ごろ価格のBluetoothワイヤレスヘッドホンです。

 

ここまで安いとちょっと怪しいんじゃない?って思いましたが、普通に使えてほとんど文句なしの品だったのでご紹介したくてこの記事を書きまする。

 

結論から言えば、万人におすすめできるワイヤレスヘッドホンです。

 

 

普通のBluetoothワイヤレスヘッドホン

そもそも高級なヘッドホンというのを体験したことがないので、比較はできませんが

このヘッドホンを一言でいうと

 

「普通」

 

です。

極端に高音もしくは低音が弱いということはありません。

 

普段Huluのようなビデオオンデマンドを見たり、音楽を聞いたりするのに全く問題ナシ!2499円分のはたらきは十分してくれます。

 

もちろんハイレゾ音質を求める人には向かない製品ですけどね。

 

ちなみにAmazonの低評価レビューで「音が悪い」って書かれてますけど、これはWindowsの設定が原因。

 

サウンド設定で「Bluedio Hands-Free」が既定のデバイスに設定されていると電話で話しているような音になります。

この画面でいうと

 

ヘッドホン

Bluedio Stereo

準備完了

 

を選択して、下の「既定値に設定」を押せば解決します。

 

オーディオケーブルをつないで有線のヘッドホンとしても

付属で3.5mmのオーディオケーブルがついています。

スマホや音楽プレーヤーについてるイヤホン端子と一緒のアレです。

 

で、本体につなげる穴があります。

 

もうお分かりですね。有線のヘッドホンとしても使えるんです。しかも3.5mmのオーディオケーブルは付属しています。

 

スマホに繋いで使うのもいいし

Bluetoothに対応していないNintendo Switchにつなげてもいいですね。

むかしのiPodを持っている人にもおすすめ

有線で使う場合は電源をオンにする必要はありません。バッテリー切れのときでも使えます。

 

無線通信ができない飛行機の中でもケーブルをつなげば使えますね。

 

ワイヤレスヘッドホンの無線接続中にピカピカ光る

ここからはダメなところ。

本体右側にランプがあるのですが、これが微妙にメンドウな存在。

なぜかというと、これBluetooth通信中は定期的に光るんです。

普段家で光るぶんにはべつに気にならないんです。

 

が、しかし「高速バス」の中で光られると困るんですよ。

 

真っ暗な高速バスの中でピカピカ光ってると確実にまわりに嫌われます。というかマジで迷惑になります。

 

高速バスのなかでは付属のケーブルつないで使いましょう。

 

無線インターホンに近づくと「ブーン」

ほとんどの方は関係ないと思いますが、私がいま使ってる無線インターホン「Panasonic VL-MGD10」にこのヘッドホンを近づけると「ブーン」っていう音がなります。

 

この機種だけなのか、全体的にそうなのかはわかりませんが、無線インターホンを使ってる人はご注意を。

 

といっても5~60cmぐらい離せば解決するんですけどね。

 

まとめ 万人におすすめなワイヤレスヘッドホン

無線でも有線でも普通に使えて2499円。コストパフォーマンスの高さで言えば最強クラスのヘッドホンです。

 

夜中、迷惑にならないように使う。電車やバスの中で使う。

こういった目的の人ならほとんどの人が満足できる品質と価格です。

 

ハイレゾ音質を求める方にはおすすめできませんけどね。そういう方はお高いヘッドホンを買うのが吉です。

 

2019/3/18 追記

これ大体1年半ぐらいで寿命が来ちゃうようです。

 

中がプラスチックで出来てるので、何度も使ってると割れちゃうようですね。

 

しかしながら2500円で約1年半使えるわけですから、なかなかいいですよ。

これと同じヘッドホンまた買いました。